[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“コロナ帰省”ダメ、ゼッタイ 闘莉王が訴え「日本で間違いは起きてほしくない」

2010年、サッカー南アフリカワールドカップで日本代表の16強進出に貢献した田中マルクス闘莉王氏は昨季限りで現役を引退した。日本では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて7日に「緊急事態宣言」が発令されたが、闘莉王氏が現在暮らすブラジルのサンパウロ州には「外出禁止令」が出ている。闘将は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、隣町で起こった“コロナ帰省”の最悪な実例を紹介。「バカンスではない。愚か者になってはいけない」と苦言を呈している。

田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】
田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】

ブラジル帰国後に公式YouTube「闘莉王TV」を開設した闘将が明かす、隣町の“悪例”とは…

 2010年、サッカー南アフリカワールドカップで日本代表の16強進出に貢献した田中マルクス闘莉王氏は昨季限りで現役を引退した。日本では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて7日に「緊急事態宣言」が発令されたが、闘莉王氏が現在暮らすブラジルのサンパウロ州には「外出禁止令」が出ている。闘将は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、隣町で起こった“コロナ帰省”の最悪な実例を紹介。「バカンスではない。愚か者になってはいけない」と苦言を呈している。

【特集】「自分がそこで負けないこと」なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / サッカー・清水梨紗インタビュー(GROWINGへ)

 7都府県が対象となっている日本の緊急事態宣言。SNS上では「東京脱出」が上昇ワードとなり、都市部からの帰省で感染が拡大する恐れがあるとして問題となった。

「今のブラジルでも都市部で感染者が広がっている。自宅待機をしなければいけないのに、バカンスだと勘違いしている愚か者がたくさんいる。みんな田舎に帰って、それで国内で感染が広がってしまっている。日本では、同じ間違いは起きてほしくない」

 昨年、19年間の輝かしいプロキャリアに終止符を打った闘莉王氏はこう語った。年老いた両親への親孝行のためにブラジルに一旦戻り、遠く離れた日本の人たちとのコミュニケーションツールとするためにYouTube公式チャンネル「闘莉王TV」を立ち上げた闘将が住んでいるのは、サンパウロ州のパルメイラ・ド・オエシチ。人口約9000人の生まれ故郷は、サンパウロの中心部から車で7時間半というのんびりした田舎町だ。

 だが、サンパウロ州とリオデジャネイロ州では、感染拡大防止策として、すでに外出禁止令が出されている。いつもの平穏さは消え、街中の人影も少ないパルメイラには、まだ新型コロナウイルスの感染者は出ていない。「1人疑いが出たけれど、陰性だった」というが、隣町のジャーレスでは最近、ある“事件”が起きたという。それは“コロナ帰省”が引き金だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集