[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本サッカーの弱点をいかに補うか 歴代代表監督の言葉以上に求められる協会の指針

「お前は大きくないから、まともにぶつかれば負ける。でもその代わり動けるんだから、シンプルにボールを動かして、どんどんスペースへ出ていけば、相手は嫌がるんだ」――イビチャ・オシム

オフトがもたらした技術を生かした組織力、オシムが説いたアグレッシブに動く精神

「お前は大きくないから、まともにぶつかれば負ける。でもその代わり動けるんだから、シンプルにボールを動かして、どんどんスペースへ出ていけば、相手は嫌がるんだ」――イビチャ・オシム

 これはイビチャ・オシムがジェフユナイテッド市原(現・千葉)の監督時代に、MF佐藤勇人へ向けて繰り返した言葉だという。チームへのメッセージも同じだった。

「ウチのチームは大きくない。だからその分、動けばいいんだ」

 賢くリスクを冒し、アグレッシブに動く。それがオシム哲学の肝だったし、自らが描く「日本サッカーの日本化」の根幹を成していたはずだ。

 また1990年代に日本代表を指揮し、92年のアジアカップで初めて大陸王者に導いたハンス・オフトがもたらしたのも、テクニックを活かした組織力だった。それまでフィジカルに優れた韓国は、日本にとって超えられない壁だった。一方で従来の日本代表スタッフは、選手を走らせては気合いを入れていたという。

「そんなことじゃ韓国に勝てないぞ!」

 もっと走り、もっと戦わなければ韓国に追いつけない。そんなアプローチをしていた。だがオフトは、韓国を追いかけるのではなく、もともと日本に備わっていた別の特長で勝負をした。テクニックに組織力を肉付けし、アグレッシブな韓国のプレスをかいくぐり、逆に彼らを走らせた。すると圧倒的にフィジカルに優れているはずの韓国の選手たちが、先に肩で息をするようになった。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集