[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

結婚が「大きな転機になった」 一山麻緒のコーチが見た変化、“3食自炊”の姿に感服

選手1人ひとりの才能を見抜き、個を伸ばしていく陸上指導者の、独自の育成理論やトレーニング法に迫るインタビュー連載。今回は五輪に4大会連続で出場した福士加代子を育て、現在は昨年の東京五輪女子マラソンで8位入賞を果たした一山麻緒を指導している、資生堂ランニングクラブの永山忠幸コーチに話を聞いた。一山を東京五輪出場に導いた当時の練習を振り返りながら、昨年12月の結婚がアスリートとしての心技体の充実につながっていると指摘している。(取材・文=佐藤 俊)

一山麻緒(右)は昨年12月に鈴木健吾との結婚を発表した【写真:アフロスポーツ】
一山麻緒(右)は昨年12月に鈴木健吾との結婚を発表した【写真:アフロスポーツ】

連載「陸上指導者の哲学」、資生堂ランニングクラブ・永山忠幸コーチインタビュー第3回

 選手1人ひとりの才能を見抜き、個を伸ばしていく陸上指導者の、独自の育成理論やトレーニング法に迫るインタビュー連載。今回は五輪に4大会連続で出場した福士加代子を育て、現在は昨年の東京五輪女子マラソンで8位入賞を果たした一山麻緒を指導している、資生堂ランニングクラブの永山忠幸コーチに話を聞いた。一山を東京五輪出場に導いた当時の練習を振り返りながら、昨年12月の結婚がアスリートとしての心技体の充実につながっていると指摘している。(取材・文=佐藤 俊)

 ◇ ◇ ◇

 永山忠幸が専任コーチとなり、一山麻緒とともに資生堂へ移籍したのは、今年3月だった。東京五輪の女子マラソンで8位、2024年パリ五輪の女子マラソン代表の有力候補であり、ワコールのエース格でもあった一山と監督の移籍は衝撃的だった。

 一山は福士加代子に憧れ、鹿児島から関西に移り、ワコールで競技生活をスタートさせているが、2人の個性は全く異なっていたという。

「福士くんと一山くんは、まったく個性が異なりますね。トラックでは福士くんの領域に一山くんがなかなか入ることが難しくて、早めにマラソンに切り替えました。彼女自身もマラソンで日本代表になって五輪に出るというのが夢でしたから、福士くんがトラックにかけていた時間をかなり短縮して、マラソンに挑戦させていきました」

 一山は、2019年3月の東京マラソンでマラソンデビューを飾り、同年4月のロンドンマラソンでMGCワイルドカードを獲得した。同年9月のMGCは6位に終わり、東京五輪女子マラソンの代表を逃したが、ラストチャンスとなる20年3月の名古屋ウィメンズマラソンが残っていた。その間、五輪への切符を勝ち取るべく、永山コーチはこれまで一山が経験したことがないメニューを提供した。

「名古屋の前は5キロ8本をやりました。その時、いろんな人に『男子でも5キロ4本ですよ』って言われたんです。でも、マラソンは42.195キロで、それを5キロで割ったら8本じゃないですか。単純にそういう考えを一山には伝えていました。難しいことを言って取り組ませてしまうと彼女が身構えてしまうので」

1 2 3

永山 忠幸

資生堂ランニングクラブ 専任コーチ 
1959年生まれ、熊本県出身。東京農業大時代に4年連続で箱根駅伝に出場。2000年にワコールの監督に就任すると、福士加代子の才能を見出し、長距離走とマラソンで2004年から4大会連続で五輪出場に導いた。東京五輪の女子マラソン8位入賞の一山麻緒も指導し、今年4月に揃って資生堂へ移籍。専任コーチとして、24年パリ五輪出場を目指している。

佐藤 俊

1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集