[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「3.11」前日、大船渡の小さなプールで… 伊藤華英さんが続ける“復興支援のカタチ”

3月10日、岩手・大船渡の南三陸海岸近く。25メートルが4レーンある、決して大きくはない屋内プールに、競泳の元オリンピック代表選手がいた。伊藤華英さん。08年北京、12年ロンドンと2大会連続五輪に出場した日本の元トップスイマーが東京から新幹線と車を乗り継ぎ、4時間以上かけ、この場所にやってきた。現在は東京五輪・パラリンピック組織委員会に勤務し、多忙を極める伊藤さんはなぜ、大船渡にやってきたのか――。

1人1人に声を掛けアドバイスする伊藤華英さん【写真:村上正広】
1人1人に声を掛けアドバイスする伊藤華英さん【写真:村上正広】

元競泳五輪代表の名スイマーが「東北『夢』応援プログラム」に登場

 3月10日、岩手・大船渡の南三陸海岸近く。25メートルが4レーンある、決して大きくはない屋内プールに、競泳の元オリンピック代表選手がいた。伊藤華英さん。08年北京、12年ロンドンと2大会連続五輪に出場した日本の元トップスイマーが東京から新幹線と車を乗り継ぎ、4時間以上かけ、この場所にやってきた。現在は東京五輪・パラリンピック組織委員会に勤務し、多忙を極める伊藤さんはなぜ、大船渡にやってきたのか――。

 それは、10人の子供たちと結ばれた“小さな絆”があったからだ。「東北『夢』応援プログラム」。伊藤さんは公益財団法人「東日本復興支援財団」が主催する企画に賛同した。東日本大震災の被災地の子供たちにトップアスリートがスポーツを指導するというもの。しかし、1日限りの思い出で終わらせず、距離を超えてつながっていくことが、このプログラムの狙いにある。それを可能にするのが、動画による遠隔指導だ。

 遠隔指導ツール「スマートコーチ」を駆使し、動画を通じて子供たちを1年間指導する。参加した子供たちから練習した動画が送られ、それに対し、コーチ役の「夢応援マイスター」を伊藤さんがアドバイスをつけて返信。こうしたやりとりを月1回、繰り返しながら水泳の技術向上を目指してきた。そして、この日は昨年6月の「夢宣言」、11月の「中間発表」に続く「成果発表イベント」として現地を訪れ、1年間の集大成だった。

「皆さん、おはようございます。お久しぶりです」。遠隔指導を受けてきた小2~中2の9人に加え、伊藤さんのレッスンを希望して毎回参加している地元高校生2人がプールサイドに揃い、伊藤さんの挨拶とともに再会した。しかし、交流を繰り返してきたとあって緊張感はなく、和やかな雰囲気。「タイム測定まで頑張りすぎることなく、一生懸命やりましょう」という掛け声から、イベントはまず水泳クリニックからスタートした。

 けのびの姿勢、サイドキックの蹴り方など、これまで動画を通じて指導してきた内容を対面で“復習”。伊藤さんは1人1人の動きに目を配り、声を掛けながら1時間、さらにレベルアップできるようにアドバイスした。そして、その後に集大成となる成果発表。それぞれが決めた泳ぎと距離でタイムを取り、どれだけ成長したかを確認。子供たちは緊張した面持ちながら、1年間に渡って努力してきた成果を出そうと懸命に水をかいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集