[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本サッカーと“韓国コンプレックス” 「一生勝てない」意識を払拭した名将の教え

日本代表を「日本化」してコンプレックスを払拭

 1992年ダイナスティカップ(現・E-1サッカー選手権)。日本は、韓国を抑えて優勝した(直接対決は2引き分け)。しかしそれ以上に、日本が軽快なパスワークで韓国のプレスをかいくぐると、強靭なフィジカルを誇るはずの韓国の選手たちが、先に肩で息をし始め、終盤になると先に足がつっていた。

「それは物凄い驚きでした。結局人間のフィジカルには限りがある。僕らが韓国に勝てなかったのは、韓国と同じベクトルで戦おうとしていたからでした」

 思えば、オフトも日本代表を「日本化」することで、韓国コンプレックスを拭い去ったのだった。(文中敬称略)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集