[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本人はコロナ禍をどう生きるべきか 名将エディー氏が説く「千と千尋の神隠し」の心

「THE ANSWER」が各スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、第一線を知る彼らだからこその視点でスポーツ界の話題について語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。スペシャリストの一人として、ラグビーの世界的名将として知られるイングランド代表ヘッドコーチ(HC)、エディー・ジョーンズ氏がラグビー界のトレンドから自身の指導論まで、定期連載で明かす。

「THE ANSWER」スペシャリストのエディー・ジョーンズ氏【写真:小倉元司】
「THE ANSWER」スペシャリストのエディー・ジョーンズ氏【写真:小倉元司】

「THE ANSWER スペシャリスト論」ラグビー指導者 エディー・ジョーンズ

「THE ANSWER」が各スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、第一線を知る彼らだからこその視点でスポーツ界の話題について語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。スペシャリストの一人として、ラグビーの世界的名将として知られるイングランド代表ヘッドコーチ(HC)、エディー・ジョーンズ氏がラグビー界のトレンドから自身の指導論まで、定期連載で明かす。

 今回のテーマは「新型コロナウイルスの脅威から日本人は何を学び、どう乗り越えるべきか」。コロナ禍により世界中の人々の生活が一変したが、各国にワクチンが普及し、未曾有の困難を克服するべく前進している。日本ではワクチン接種が始まった一方、3度目の緊急事態宣言が出された地域があり、東京五輪の開催を巡っても揺れている。ラグビー日本代表HCとして2015年ワールドカップで南アフリカ戦勝利に牽引するなど、様々な逆境と困難に打ち勝ってきたエディー氏に、先行きが見えない状況を乗り越えるアドバイスを聞いた。(取材・構成=THE ANSWER編集部・佐藤 直子)

 ◇ ◇ ◇

 新型コロナウイルス感染症は、世界を大きな不安と恐怖で包み込み、私たちの生活を一変させました。一時は少し先の未来でさえ分からない状況でしたが、現在はワクチンが開発され、各国で接種が進んでいます。私が住むイギリスでもワクチン接種の拡大に伴い、少しずつではありますが、以前の生活が戻りつつあります。

 コロナ禍の下、会食や旅行の機会が減ったり、行動の自由が制限されたり、気分が滅入ってしまう人も多いことでしょう。他者とコミュニケーションを取る機会が減り、人と人との繋がりが希薄になってきたことも、悲観的な考えを助長してしまう一因かもしれません。では、私たちはどうやってこの状況を乗り越えればいいのでしょうか。

 私はまず、現状を受け入れることが大事だと考えています。

 この世の中には、自分がコントロールできること、そして自分ではコントロールできないことがあります。例えば、新型コロナウイルスが拡大してしまったことは、自分ではどうにもならないことです。ただ、未来に向けてウイルス拡大を減らすことは、不急の行動を自粛するなど一人一人の努力でコントロールできること。状況が刻一刻と変わる中で、自分がコントロールできること、できないことを見極める判断力が必要になります。

1 2 3

エディー・ジョーンズ

THE ANSWERスペシャリスト ラグビー指導者

1960年1月30日生まれ。豪州出身。現役時代はフッカーを務め、ニューサウスウェールズ州代表。92年引退。教職を経て、96年に東海大コーチになり、指導者の道へ。スーパーラグビーのブランビーズなどを経て、01年豪州代表HC就任。03年W杯準優勝。イングランドのサラセンズ、日本のサントリーなどを経て、12年日本代表HC就任。15年W杯は「ブライトンの奇跡」と呼ばれる南アフリカ戦勝利を達成した。同年、イングランド代表HCに就任し、19年W杯は自身2度目の準優勝。近著に「プレッシャーの力」(ワニブックス)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集