[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

指導者が子供たちと一緒にプレーする意義 時に必要な理屈抜きの真っ向勝負

サッカーのトレーニングで指導者が一緒にプレーすべきかどうかというのはよく議論されるテーマだと思うが、僕は極力一緒にプレーするようにしている。外からのほうが問題点を見つけやすいし、指摘もしやすい。でも、特に小学生までの子どもたちはコーチと一緒にプレーしながら、いろんなことを学ぶことができると思う。

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――一緒に遊ぶ大人の存在

 サッカーのトレーニングで指導者が一緒にプレーすべきかどうかというのはよく議論されるテーマだと思うが、僕は極力一緒にプレーするようにしている。外からのほうが問題点を見つけやすいし、指摘もしやすい。でも、特に小学生までの子どもたちはコーチと一緒にプレーしながら、いろんなことを学ぶことができると思う。

 どのようにボールを動かし、どのようにゲームをコントロールし、どのように走るのか。そうした手本となるものを一緒にプレーしながら見せてあげられると、ただ言葉で説明する以上の説得力をもたらすことができる。

 気をつけなければならないことはある。一緒にプレーをすることで、いろいろと学べるようになるためには、子供たちが私のプレーから“学べるようなプレー”をしなければならない。子供の前で良い格好をしようと、試合では使わないようなアクロバティックなプレーをして良い気になっていてはいけないのだ。練習中に「さっさとパスを出せー!」と怒鳴っておいて、相手が何人もいるところで得意気にドリブルしていたら、子供たちは「言ってることと違うじゃんか」と思うだろう。

 もちろん、だからといっていつもあまり厳しい目で見ていると、指導者にとっても子供たちにとってもストレスになってしまう。時には細かいこと言いっこなしで、単純に子供たちとサッカーをする時間も必要だし、僕もその時間が大好きだ。

1 2

中野 吉之伴

1977年生まれ。ドイツサッカー協会公認A級ライセンスを保持する現役育成指導者。ドイツでの指導歴は20年以上。SCフライブルクU-15チームで研鑽を積み、現在は元ブンデスリーガクラブであるフライブルガーFCのU12監督と地元町クラブのSVホッホドルフU19監督を兼任する。執筆では現場での経験を生かした論理的分析が得意で、特に育成・グラスルーツサッカーのスペシャリスト。著書に『サッカー年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)、『ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする』(ナツメ社)がある。WEBマガジン「フッスバルラボ」主筆・運営。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集