[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

指導者が子供たちと一緒にプレーする意義 時に必要な理屈抜きの真っ向勝負

せめぎ合いを重ねることで生まれる心の交流

 僕のボールを取ろうと思いっきりぶつかってくる彼ら。なんとか出し抜いてやろうと必死に股抜きを狙ってくる彼ら。そうはさせるかと真っ向勝負を挑む私――。そうしたせめぎ合いを重ねることで、言葉で交わすこととはまた違った交流をすることができる。

 本気でボールを取りに行ったのに動きの逆を取られて突破を許した時のショック、そして同時にこみ上げるなんとも言えない喜び。子供の成長を肌で感じられるのは、なんとかけがえのないことだろう。ドヤ顔の子供の肩を叩き、「今のは完全にやられたよ。でも次は負けないからな」と宣戦布告すると、ニヤッと笑ってこぶしを突き出された。軽くこつんと合わせて、僕らはまたゲームに戻っていった。

【了】

中野吉之伴●文 text by Kichinosuke Nakano

1 2

中野 吉之伴

1977年生まれ。ドイツサッカー協会公認A級ライセンスを保持する現役育成指導者。ドイツでの指導歴は20年以上。SCフライブルクU-15チームで研鑽を積み、現在は元ブンデスリーガクラブであるフライブルガーFCのU12監督と地元町クラブのSVホッホドルフU19監督を兼任する。執筆では現場での経験を生かした論理的分析が得意で、特に育成・グラスルーツサッカーのスペシャリスト。著書に『サッカー年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)、『ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする』(ナツメ社)がある。WEBマガジン「フッスバルラボ」主筆・運営。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集