[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

満身創痍の神村学園、プレミア昇格逃す U-17高校選抜FW福田を温存、選手権へ照準

高校年代の最高峰「高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ」の来季参入チームを決めるプレーオフの1回戦が10日に行われ、広島広域公園第一球技場の第2試合では神村学園高校(プリンスリーグ九州2位/鹿児島)が、JFAアカデミー福島U-18(プリンスリーグ東海2位/静岡)に0-1で敗れた。神村学園は、U-17高校選抜として11月末の合宿に参加していたエースFW福田師王(2年)が、U-16日本代表候補との試合で負傷退場。まだ回復途上で、最後まで温存する形になった。エースを使えないまま敗れたが、有村圭一郎監督は「打つ手がなかったので仕方がない。日頃、福田が取っているところが取れなかった。ただ、ほかの選手にも(得点の)チャンスがあった。決め切る力、最後の精度(の課題が出た)。それが、今の現状。選手権でしっかりやれるようにしたい」と巻き返しを誓った。

神村学園高校は0-1でJFAアカデミー福島U-18に敗れた【写真:平野貴也】
神村学園高校は0-1でJFAアカデミー福島U-18に敗れた【写真:平野貴也】

JFAアカデミー福島U-18に0-1惜敗、エース欠場で決定力を欠く

 高校年代の最高峰「高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ」の来季参入チームを決めるプレーオフの1回戦が10日に行われ、広島広域公園第一球技場の第2試合では神村学園高校(プリンスリーグ九州2位/鹿児島)が、JFAアカデミー福島U-18(プリンスリーグ東海2位/静岡)に0-1で敗れた。神村学園は、U-17高校選抜として11月末の合宿に参加していたエースFW福田師王(2年)が、U-16日本代表候補との試合で負傷退場。まだ回復途上で、最後まで温存する形になった。エースを使えないまま敗れたが、有村圭一郎監督は「打つ手がなかったので仕方がない。日頃、福田が取っているところが取れなかった。ただ、ほかの選手にも(得点の)チャンスがあった。決め切る力、最後の精度(の課題が出た)。それが、今の現状。選手権でしっかりやれるようにしたい」と巻き返しを誓った。

 実際に、序盤は神村学園が何度も決定機を迎えた。前半11分、福田とともにU-17高校選抜で活動していたMF大迫塁が利き足とは逆の右足で惜しいシュート。同13分には相手の背後に抜け出たFW山元陸未(3年)がシュートを狙ったが、相手GKの好守に阻まれた。1分後には左MF篠原駿太(3年)のラストパスから山元がシュートを打ったが、これもGKに阻まれてゴールを奪えなかった。

 立て続けに得たチャンスで決められず、試合は次第にJFAアカデミー福島U-18が守備でリズムを作り、押し返していく。神村学園は来季からJFLのFC今治に加入することが内定しているMF佐藤璃樹(3年)と、抜水昂太(3年)の負傷離脱により代わって主将を務めているMF畠中健心(3年)が攻撃の組み立てをサポートしたが、なかなかペースを奪い返せず、苦しい展開が続いた。

 後半に入るとJFAアカデミー福島U-18が攻勢を強め、神村学園は何度もサイドを破られる。それでもどうにか無失点で試合終盤まで持ち込んだが、終了3分前に中盤を破られ、JFAアカデミー福島U-18のFW宮永羚進(3年)にシュートを許した。神村学園は、ゴールライン上でブロックに行ったが、判定はゴールイン。その後1点を追う状況のなか、大迫が蹴った右コーナーキックのこぼれ球を拾った畠中が相手をかわしてシュートを狙ったがGKに防がれ、我慢比べの試合に0-1で敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集