[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阪南大高、エースの2発でプレミア昇格王手 選手権へ「良いシミュレーションになる」

高校年代の最高峰「高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ」の来季参入チームを決めるプレーオフの1回戦が10日に行われ、広島広域公園第一球技場の第1試合で阪南大学高校(プリンスリーグ関西2位/大阪)が北海道コンサドーレ札幌U-18(プリンスリーグ北海道1位/北海道)を3-1で破り、12日に行われる2回戦へ駒を進めた。来季からJリーグの湘南ベルマーレに加入することが決まっているFW鈴木章人(3年)は、セットプレーからヘディングで2得点。エースストライカーの役割を果たした。「ああいう形であまり決めれたことがなかったので、自分としてはビックリした。2点目は、キッカーからニアでこすってくれと言われたので、冷静に当てられた。自分の点で勝ち切れたのは良かった」と喜んだ。

2得点を決め、勝利に貢献した阪南大学高校のFW鈴木章人【写真:平野貴也】
2得点を決め、勝利に貢献した阪南大学高校のFW鈴木章人【写真:平野貴也】

札幌U-18に3-1と勝利、湘南内定FW鈴木章人が2ゴール

 高校年代の最高峰「高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグ」の来季参入チームを決めるプレーオフの1回戦が10日に行われ、広島広域公園第一球技場の第1試合で阪南大学高校(プリンスリーグ関西2位/大阪)が北海道コンサドーレ札幌U-18(プリンスリーグ北海道1位/北海道)を3-1で破り、12日に行われる2回戦へ駒を進めた。来季からJリーグの湘南ベルマーレに加入することが決まっているFW鈴木章人(3年)は、セットプレーからヘディングで2得点。エースストライカーの役割を果たした。「ああいう形であまり決めれたことがなかったので、自分としてはビックリした。2点目は、キッカーからニアでこすってくれと言われたので、冷静に当てられた。自分の点で勝ち切れたのは良かった」と喜んだ。

 阪南大高は、28日に開幕する第100回全国高校サッカー選手権に大阪府代表として出場する。絶対的エースの鈴木を擁して激戦区を制した強豪チーム。全国大会を前にして、来季のステージアップという一つの結果を残せるかが注目されている。

 札幌U-18との試合では、序盤のピンチを耐えてチャンスをしっかりと生かした。前半15分、左コーナーキックを鈴木がゴール前からヘディングシュート。直後の同17分には、左ウイングバックの田中大翔(3年)がカットインからミドルシュートを左隅に決めてリードを広げた。

 一方、札幌U-18は前半で早くも選手交代。投入されたFW瀧澤天(1年)が鋭いアタックを見せ、前半43分には相手の背後に飛び出したFW佐藤陽生(3年)がクロスバーを叩くシュートを放ったが、ゴールは奪えなかった。後半も序盤に好機を得たのは札幌U-18だったが、FW佐藤のシュートは相手GKに防がれてゴールならず。阪南大高が後半34分に左サイドのFKから鈴木がヘディングシュートを合わせてダメ押しの3点目を奪った。札幌U-18は終盤に途中出場のFW出間思努(1年)が意地の1点を返すのが精一杯。3-1で阪南大高が勝利を収めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集