[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

慶大・下山悠介のサヨナラ弾で4冠王手 不振でも「下山でダメなら仕方ない」と信頼絶大

第52回明治神宮野球大会(神宮球場)は24日、大学の部・準決勝が行われ、慶大が神奈川大に6-4でサヨナラ勝ちを収めた。4打数無安打に抑えられていた下山悠介内野手(3年)が、同点で迎えた9回に値千金のサヨナラ2ラン。思うような打撃ができていなかった3番打者の一振りで、大学4冠に王手をかけた。

サヨナラ2ランを放った慶大・下山悠介【写真:中戸川知世】
サヨナラ2ランを放った慶大・下山悠介【写真:中戸川知世】

明治神宮大会大学の部・準決勝で神奈川大を下す

 第52回明治神宮野球大会(神宮球場)は24日、大学の部・準決勝が行われ、慶大が神奈川大に6-4でサヨナラ勝ちを収めた。4打数無安打に抑えられていた下山悠介内野手(3年)が、同点で迎えた9回に値千金のサヨナラ2ラン。思うような打撃ができていなかった3番打者の一振りで、大学4冠に王手をかけた。

 不調の3年生がチームを救った。4-4の9回裏、神奈川大4番手の最速152キロ右腕・神野竜速(りゅうどう、3年)を攻め、1死三塁とチャンスを作る。打席には下山。堀井哲也監督から「余計なことは考えるな。振り抜いていけ」と助言をもらうと、初球の内角直球を右翼席に運び、試合を決めた。ホームイン後はナインと抱き合い、ヘルメットを叩かれた。

 今秋、不振にあえでいた下山。東京六大学・秋季リーグ戦で優勝を決めた早大との最終節2連戦は8打数無安打3三振と貢献できなかった。リーグ戦後は、センター返しの打撃を心掛けたという背番号6。東農大北海道オホーツクとの初戦で適時打を放ち、復調の気配を見せていた。この日は最終打席まで4打数無安打だったが、一振りで結果を出した。

 試合後のオンライン会見で、下山は「正木さんに繋いでいく」という気持ちだったと明かした。続く4番打者は今秋ドラフトでソフトバンクに2位指名された強打の外野手・正木智也(4年)。この試合でも4打数4安打と大当たりだっただけに、繋ぐ気持ちで打席を迎えていた。

 劇的勝利を収めた慶大は、25日の決勝で中央学院大と対戦。リーグ戦から11連勝を記録するなど乗っている相手だ。下山は「4年生が素晴らしいチームを作ってくれた。下級生がプレーに集中できる環境が出来ている」と感謝を口にしながら、「勝っても負けてもこのチームでやるのは最後。集大成を見せられるように」と決意を述べた。

 慶大は今季春秋リーグ戦、全日本大学野球選手権を制しており、明治神宮大会で優勝すれば東京六大学史上初の年間4冠となる。堀井監督にも「ここまで安打が出ていなくてもミート力のある打者。下山で打てなかったら仕方がないと思っていた」と信頼を寄せられている下山。有終の美を飾るために、再び期待がかかる。

(THE ANSWER編集部・和田 秀太郎 / Shutaro Wada)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集