[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 戻ってきた大会主役候補 躍進再現へ 北陸学院・エース大倉颯太の双肩にかかる期待

戻ってきた大会主役候補 躍進再現へ 北陸学院・エース大倉颯太の双肩にかかる期待

日本一を目指す100チームが一つの体育館に集う大会、ウインターカップという舞台がこの男にはよく似合う。ウインターカップ2017第70回全国高校バスケットボール選手権大会は24日に東京体育館で第2日を行い、男子で前回3位の北陸学院(石川)は90-54で佐賀東(佐賀)を破って2回戦へ駒を進めた。

北陸学院のエース、大倉颯太【写真:平野貴也】
北陸学院のエース、大倉颯太【写真:平野貴也】

1回戦初戦突破…前回大会3位の躍進後、大怪我乗り越えたエースが24得点の活躍

 日本一を目指す100チームが一つの体育館に集う大会、ウインターカップという舞台がこの男にはよく似合う。ウインターカップ2017第70回全国高校バスケットボール選手権大会は24日に東京体育館で第2日を行い、男子で前回3位の北陸学院(石川)は90-54で佐賀東(佐賀)を破って2回戦へ駒を進めた。

 全員がプレータイムをシェアしながら試合を進め、エースの大倉颯太も半分ほどの20分弱しかプレーしなかったが、それでも24得点を挙げてチームをけん引した。身長184センチと一定のサイズがあり、個人技、パスセンス、シュート力といずれも高い能力を備える。紛れもなく、この大会の主役候補だ。

 今季は、ケガに苦しんだが、大舞台に戻ってきた。前回大会の活躍後、1月に左足首外側じん帯断裂などの大ケガを負って戦線離脱を余儀なくされた。ボールを使ったプレーができない間に、身体を鍛えようと筋肉肥大化系の筋力トレーニングに臨み、フリーウェートで体重を73キロから79キロまで増やしたが、反動で復帰後はヘルニアを発症。今度は、瞬発力を鍛えるメニューに切り替えたという。

 チームトレーナーの嶋谷崇司さんに教えてもらっているというが、9月に県予選を優勝した際、負傷から復帰してきた過程を聞くと、大倉の口からは「プライオメトリクス」や「ファンクショナルトレーニング」といった言葉がスラスラと出てきた。プレー以外にも向上心の強さが見られる選手だ。学生の場合、トレーナーから言われてやっているが、どういう理屈かは分からないといったケースも少なくないが、大倉はフィジカルコンディションの調整法に関心が強く、何でも自分で説明ができる。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー