[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 夢は「NCAA経由NBA行き」 実践学園、注目の190センチルーキーが24得点デビュー

夢は「NCAA経由NBA行き」 実践学園、注目の190センチルーキーが24得点デビュー

注目のルーキーが、ウインターカップデビューを果たした。高校バスケットの祭典、ウインターカップ2017第70回全国高校バスケットボール選手権大会は24日に第2日を行い、男子で2年連続2度目出場の実践学園(開催地=東京)は、63-59の接戦の末に高松商(香川)を下して初勝利を飾った。

24得点をマークした実践学園・江原【写真:平野貴也】
24得点をマークした実践学園・江原【写真:平野貴也】

ウインターカップ男子1回戦、父は米国人の1年生・江原信太朗が初陣飾る

 注目のルーキーが、ウインターカップデビューを果たした。高校バスケットの祭典、ウインターカップ2017第70回全国高校バスケットボール選手権大会は24日に第2日を行い、男子で2年連続2度目出場の実践学園(開催地=東京)は、63-59の接戦の末に高松商(香川)を下して初勝利を飾った。

 主力センターの小玉大智が肩を負傷しており、離脱中。代わりにセンターを務めたのは、ルーキーの江原信太朗だった。元々、実践中で日本一に輝いた際はセンターでプレーしており、経験はあるが、外からのシュートを得意としており、高校ではフォワードとしてアウトサイドのプレーを習得中だ。

 ガツガツとゴール下で戦うわけではないが、スムーズに周りを使い、リバウンドでもタイミングよくひょいと跳んでボールを触り、存在感を示した。フルタイム出場でチーム最多の24得点。しっかりと勝利に貢献した。「これだけお客さんがいる会場は初めて。ウォーミングアップのときは緊張していましたけど、試合が始まったら楽しかったです」と初々しい笑顔を見せた。

 身長190センチの江原は、米国人の父と日本人の母を持つ。父は、米軍で横田基地に勤務していた経歴を持ち、軍のバスケットボールチームで「結構、活躍していたらしい」(江原)。母は、バレーボール経験者。恵まれた体躯と身体能力は、両親譲りのようだ。

 父の影響で、小学生の頃からバスケットボールを始めた。大きな体は今でも武器だが、高校あるいは世代別日本代表というステージでは、留学生を含めて2メートルを超える長身の外国人選手とも対峙しなければならない。高校では、まず、今までになかった体格面で優位性のないマッチアップでのプレーを覚えなければならない。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー