[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦は「日本的な詩を氷に描いた」 フリーから2週間、スペイン紙から止まぬ称賛

北京五輪フィギュアスケート男子シングルで4位となった羽生結弦(ANA)の舞いは演技から2週間が経ってもなお称賛が止むことがない。サッカー大国で知られるスペイン紙ではフリー「天と地と」を評価。「詩を氷上に描いた」などと称賛している。

北京五輪男子シングル・フリーで「天と地と」を演じた羽生結弦がスペインからも称賛されている【写真:Getty Images】
北京五輪男子シングル・フリーで「天と地と」を演じた羽生結弦がスペインからも称賛されている【写真:Getty Images】

羽生結弦をスペイン紙「マルカ」が称賛

 北京五輪フィギュアスケート男子シングルで4位となった羽生結弦(ANA)の舞いは演技から2週間が経ってもなお称賛が止むことがない。サッカー大国で知られるスペイン紙ではフリー「天と地と」を評価。「詩を氷上に描いた」などと称賛している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「天と地と」に乗せ、挑んだフリー。深々と礼をしてリンクに入った羽生は、注目の4回転アクセルに冒頭で挑戦した。高さのあるジャンプだったが、惜しくも転倒。続く4回転サルコウも転倒したものの、3回転アクセル―3回転トウループ、3回転フリップは綺麗に決めた。後半の4回転トウループ―3回転トウループを成功させ、会場を惹き込んだ。

 その演技を称賛したのが、サッカーファンにはお馴染みのスペイン紙「マルカ」、そのメキシコ版「マルカ・クラロ」だ。「ドノバン・カリージョ、カミラ・ワリエワ、ユヅル・ハニュウと、2022年北京五輪フィギュア最高のルーティン」との見出しで記事を掲載。「ユヅル・ハニュウは氷上で自らの詩をしたためる」と評価した。

 4回転アクセルは転倒したものの、世界初認定の快挙。記事では「イサオ・トミタの天と地との調べに合わせて、フィギュアスケーターは日本的な詩を氷上に描いた。そこでは天に届きそうな3回転ジャンプと4回転ジャンプで彩りを添えた」と称賛。高度な芸術性に加えて、高いジャンプにも脚光を浴びせ、羽生の影響力を伺わせた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集