[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

銅メダル坂本花織「びっくりしすぎて3位と認識できなくて」 本人も驚いた浅田真央以来の快挙

北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの153.29点、合計233.13点で銅メダルを獲得した。日本女子のメダルは、2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央以来4人目の快挙となった。金メダルはアンナ・シェルバコワ、銀メダルはアレクサンドラ・トルソワ。4位に入ったカミラ・ワリエワ(ROC)のドーピング騒動で記録は暫定扱い。

女子フリーに臨んだ坂本花織【写真:AP】
女子フリーに臨んだ坂本花織【写真:AP】

五輪のメダル獲得は日本女子4人目

 北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの153.29点、合計233.13点で銅メダルを獲得した。日本女子のメダルは、2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央以来4人目の快挙となった。金メダルはアンナ・シェルバコワ、銀メダルはアレクサンドラ・トルソワ。4位に入ったカミラ・ワリエワ(ROC)のドーピング騒動で記録は暫定扱い。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 会心の演技で、坂本が快挙を達成した。冒頭の2回転アクセル、3回転ルッツともに流れるような着氷で決め、リズムに乗った。7つのジャンプの要素をミスなく決め、パーフェクトと言っていい演技。6位入賞だった平昌五輪に続く、2度目の五輪で強心臓を発揮し、銅メダルを獲得した。中継映像では、最終演技のワリエワの演技で順位が決まると、涙がこぼれた。

 セレモニーを経て、応じたテレビインタビューでは「びっくりしすぎて、最初は点数を見て、3位と認識できなくて。あとあと気づいたら……びっくりしすぎて、うれしいしか言葉がない」と笑顔。中野コーチとの言葉については「しっかり神様がついて見てくれたね、と。これまで以上に先生と強いハグをしました」と話した。

「いろいろ悔しい想いもしてきた4年間の集大成、今まで頑張って来たこと報われて凄く嬉しいです」。銅メダルを獲得した団体戦に続く2つ目のメダルについては「団体はみんなの力でしっかりやれば、メダル圏内と分かっていた。みんなノーミスは本当に凄いこと。個人戦に向けていい励みになる。個人でまさかメダルもらえると思ってなかったのでびっくり。うれしすぎます」と笑顔だった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集