[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳ワリエワ、3回転アクセル成功は五輪女子4人目 伊藤みどり、浅田真央らに続く快挙

北京五輪は6日、フィギュアスケート団体戦4種目の女子ショートプログラム(SP)が行われ、ロシアオリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワが自身が持つ世界歴代最高得点(90.45点)に迫る90.18点をマーク。この種目で1位となった。2位は74.73点だった日本の樋口新葉。

フィギュアスケートの団体戦女子SPで90.18点をマークしたカミラ・ワリエワ【写真:AP】
フィギュアスケートの団体戦女子SPで90.18点をマークしたカミラ・ワリエワ【写真:AP】

フィギュアスケート団体戦女子SP

 北京五輪は6日、フィギュアスケート団体戦4種目の女子ショートプログラム(SP)が行われ、ロシアオリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワが自身が持つ世界歴代最高得点(90.45点)に迫る90.18点をマーク。この種目で1位となった。2位は74.73点だった日本の樋口新葉。冒頭で着氷した3回転アクセルは五輪女子史上4人目だった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ワリエワは冒頭で大技に成功した。前向きに踏み切り、跳んだのは3回転アクセル。しかも難しい両手上げだったが、余裕をもって着氷し、勢いに乗った。

 米国の名物記者、ジャッキー・ウォン氏は「カミラ・ワリエワは五輪でトリプルアクセルを成功させた史上4人目の女子選手となった」とツイート。1992年アルベールビル五輪の伊藤みどり、2010年バンクーバー五輪の浅田真央、2018年平昌五輪の長洲未来(米国)に続く4人目と紹介した。数々の高難度ジャンプを決めるワリエワ。五輪の歴史に早くも名前を刻んだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集