[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

箱根の勝負を分ける“心の整え方” ある選手はレース前日に「走れない」と嘆いた

レース前日に「走れない」と訴えた選手、その理由とは…

 忘れられないのが、ある選手のエピソードです。彼は初優勝の年に区間新記録を打ち出しました。この時の彼はメンタルコンディションが非常によく、笑顔で、楽しそうな様子だったことが印象に残っています。

 翌年、彼はケガに苦しみながらも復帰。ところが、レースの前日、「膝が痛い」と訴えます。ちなみに彼はそれまで、一度も膝の痛みを訴えたことはありません。「どのぐらい痛いの?」と聞くと、「この痛みが明日出たら走れないほどです」という。しかし触ってみても原因は見当たりません。

 それでも、私たちはレース直前まで体をケアし、当日、「大丈夫だよ」と声を掛けて送り出しました。

 果たして、彼はその後、どうなったか? 前年のタイムは下回ったものの、区間首位を守り、チームは往路優勝を果たします。痛かったはずの脚にも異常ありません。もちろん、ゴール後は、興奮状態で痛みを感じないこともあります。しかし、1週間後も不具合も異常も現れませんでした。

 これこそ、心が引き起こした体の不調です。ケガからの復帰で臨むというタイミング、前年度と同様の良い走りをしなければいけない、結果を残さなければいけないというプレッシャーによるストレスが「痛み」という症状を招いたのです。

 極限状態に置かれると、こういったことは日常茶飯事。皆さんも、経験がありませんか? 大事なプレゼンや試験の当日、急に腹痛や頭痛が起きたり、発熱したり。これらも、脳が強いストレスにさらされたことによる体調不良の一つです。よく試合で力が発揮できないと世間では「練習方法が間違っていた」「体やフォームを変えたのが悪かったのだ」という論調になりがちですが、実は体の内部では色々なことが起こっているのです。

1 2 3

中野ジェームズ修一

スポーツトレーナー

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集