[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

恩師エディーとの忘れられないエピソード W杯で日本と激突、大野均が語る敵将の素顔

日本代表で歴代最多98キャップを持つ大野均氏(東芝ブレイブルーパス東京アンバサダー)に、2023年ラグビーワールドカップ(W杯)のプールDで日本が対戦するイングランドの強さ、そして勝利へのシナリオを聞いてきた連載。最終回のテーマは、イングランドを率いるエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)と日本代表が世界最高の舞台で戦うことに、どんな期待と意義を感じているかについて。恩師と仰ぐ敏腕指揮官への思い、そして進化を続ける日本代表へのエールも込めて語ってもらった。(取材・文=吉田 宏)

ラグビー欧州6か国対抗戦でイングランドを率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ【写真:AP】
ラグビー欧州6か国対抗戦でイングランドを率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ【写真:AP】

ラグビー元日本代表LO大野均氏、「イングランド代表分析」最終回

 日本代表で歴代最多98キャップを持つ大野均氏(東芝ブレイブルーパス東京アンバサダー)に、2023年ラグビーワールドカップ(W杯)のプールDで日本が対戦するイングランドの強さ、そして勝利へのシナリオを聞いてきた連載。最終回のテーマは、イングランドを率いるエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)と日本代表が世界最高の舞台で戦うことに、どんな期待と意義を感じているかについて。恩師と仰ぐ敏腕指揮官への思い、そして進化を続ける日本代表へのエールも込めて語ってもらった。(取材・文=吉田 宏)

 ◇ ◇ ◇

 18か月後のイングランド、そして恩師との決戦へ、大野氏の期待感は高まっている。この対戦が、2015年W杯での南アフリカ撃破、19年大会の8強入りに続き、日本が世界にインパクトを与えるゲームになる可能性を持っているからだ。

「日本のファンだけじゃなく、世界中のラグビーファンが注目する試合になる。エディーさんは、イングランド代表での実績、そしてこれだけ日本のラグビーのスタンダードを上げてくれた人だから、日本が勝ったりしたら、また凄いニュースになるはずです」

 選手にとっては、濃密な時間をともに過ごした指導者と敵味方に分かれて対戦することには難しさもあるのではないだろうか。こう問うと大野氏は、現役の代表選手たちに語りかけるように説明する。

「選手には、やり難さとかは関係ないと思います。自分の準備をするだけだし、自分が求められるプレーをやるだけです。なので、エディーさんのことを考える必要はないですね。彼のことなので、メディアを利用したりして、いろいろと仕掛けてくるだろうけれど、それは織り込み済みでやるだけです」

 では、2012年から15年まで日本代表でともに戦ってきたエディー・ジョーンズという指導者、人物は、大野氏の目にはどう映っているのだろうか。

「勝負事では本当に真剣な人です。絶対に負けたくないという気持ちを指揮官自ら出してくるから、選手はそこについていくという感じになっていましたね。グラウンドを離れると、本当に気のいいおじさんという感じなんですが、そういうギャップに人間味がある。そこに選手も惹かれるのかなと思います」

1 2 3 4

大野 均

ラグビー元日本代表 
1978年5月6日生まれ、福島県出身。小学生時代から野球を続け、日大進学後にラグビー選手としてのキャリアをスタート。身長192センチの恵まれた体躯を武器に頭角を現すと、卒業後は東芝府中ラグビー部(現・東芝ブレイブルーパス東京)に加入した。日本代表にも2004年から選出され、通算キャップ数「98」は歴代最多。W杯にも07年から3大会連続で出場している。20年に現役を引退し、現在は東芝ブレイブルーパス東京のアンバサダーを務めている。

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集