[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、惜敗に見えた裏に世界との差 松井大輔「W杯なら16強に壁、五輪には4強に壁」

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、五輪を通して得られる多様な“見方”を随時発信する。3日、準決勝でスペインと対戦したサッカー男子日本代表は、スコアレスで迎えた延長後半に途中出場したオーバーエイジのエセンシオに決められて0-1で敗れた。2004年のアテネ五輪で10番を背負った元日本代表MF松井大輔(サイゴンFC)はこの試合にどんな「ミカタ」を持ったのか。(構成=藤井 雅彦)

準決勝、延長戦の末スペインに敗れ、うなだれるサッカー男子日本代表【写真:AP】
準決勝、延長戦の末スペインに敗れ、うなだれるサッカー男子日本代表【写真:AP】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#59

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、五輪を通して得られる多様な“見方”を随時発信する。3日、準決勝でスペインと対戦したサッカー男子日本代表は、スコアレスで迎えた延長後半に途中出場したオーバーエイジのエセンシオに決められて0-1で敗れた。2004年のアテネ五輪で10番を背負った元日本代表MF松井大輔(サイゴンFC)はこの試合にどんな「ミカタ」を持ったのか。(構成=藤井 雅彦)

 ◇ ◇ ◇

 0-1という結果はスコアだけを切り取れば“惜敗”だと言えます。延長後半途中までスコアレスの展開に持ち込んでいたので、どこかでワンチャンスを決めれば勝機があったかもしれない。準々決勝のようなPK勝ちも立派な勝利で、勝つチャンスは間違いなく転がっていました。

 ただ、内容を見ていくと“完敗”という表現が恐らく正しい。ほとんどの時間で主導権を握ることができず、スペインのポゼッションサッカーに圧倒されてしまった。内容で審査する競技だとしたら、3対7くらいだったのではないでしょうか。

 大会直前に行った親善試合とオリンピック本大会との違いを改めて痛感しました。強い国やチームであればあるほど、その差も大きくなります。彼らは親善試合で手を抜いているわけではないけど、本番になるとボール一つに対しての集中力や球際の強さ、それから勝負強さや汚さといったところも全く違います。いわゆる「目の色が変わる」という現象です。

 欧州や南米の強豪国は、国民からの大きな期待とプレッシャーを背負っています。親善試合では称賛も批判もされないけど、大会本番では今後の評価に大きく関わってくるので死活問題になり兼ねない。国全体に見張られている感覚と言ってもいいかもしれません。そうやって彼らはただ技術的にうまいだけでなく、本当の意味で強いチームに変貌するのです。

 日本は序盤からずっと押し込まれ、思うようにボールをつなげませんでした。グループリーグ3試合であれだけスムーズだったビルドアップに苦労して、前線へ効果的なボールを配給できた場面は数えるほどしかなかった。久保建英選手や堂安律選手がボールを受けてもすぐに相手選手に囲まれてしまい、サポートの距離も遠い。もう少し相手を押し込む展開にできれば、相手ゴールに迫る違ったアイデアを出せたかもしれないけど、この試合ではハーフウェーラインをいい形で越えていく場面が少なすぎた。それが最も大きな差で、必然的に守備の時間が長くなってしまいました。

 スペインのように実力があるチームに対しては、中盤でボールを奪うことも難しい。引いた状態で守っていても一瞬の隙を突いて縦パスを入れられてしまうので、その次からはさらにボールを奪いに出るのが難しくなる。選手個々のサッカーIQが高いサッカーで、まさにスペインが得意とするサッカーでした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集