[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スペイン移籍直後の清武弘嗣も負傷 なぜ、サッカーで内転筋のトラブルは頻出するのか

スペイン1部のセビージャに移籍した日本代表MF清武弘嗣が7月11日に右内転筋を負傷。肉離れで全治3~4週間と発表された。

20160726_kiyotake

セビージャ移籍の清武弘嗣、右内転筋の肉離れで全治3~4週間

 スペイン1部のセビージャに移籍した日本代表MF清武弘嗣が7月11日に右内転筋を負傷。肉離れで全治3~4週間と発表された。

 サッカーの世界ではプロアスリートのみならず、少年少女などでも内転筋のトラブルが頻発している。その要因、治療法や復帰までの過程、後遺症のリスクなどについて、サッカー元日本代表MF中村俊輔(横浜Fマリノス)の専属トレーナーなどを務める入船しんもり鍼灸整骨院の新盛淳司院長に語ってもらった。

「内転筋とは、足を内側に持ってくる動きをする時に使う筋肉です。サッカーでは、インサイドキックやターン、ストップ動作の際に使われます。サッカー選手には内転筋の肉離れが多いですね。ひねる動きを伴う野球の選手も故障しがちな部位でもあります。様々な原因が考えられますが、発症には2つの要因が考えられます」

 新盛院長は続ける。

「まずは筋肉の位置的な問題です。内転筋は伸びた状態になりやすいということです。ボールをキックする時、特にインサイドキックという足の内くるぶしでボールを蹴る際は、股関節を開き、膝を外に向けてスイングします。その際に、内転筋は伸ばされていき、その状態から、ボールにインパクトする時に急に今度は縮むので、カウンターで負荷がかかる。肉離れが起こりやすいメカニズムです」

1 2 3

新盛 淳司

芝浦田町スポーツ整骨院・はり治療院院長

柔道整復師、鍼灸師

新浦安しんもり整骨院入船院、新浦安しんもり整骨院今川院代表も務める。関節ニュートラル整体普及協会会員。サッカー元日本代表MF中村俊輔をセルティック時代から支える。関東リーグブリオベッカ浦安のチーフトレーナーも務めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集