[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松元克央は「自分で決めたら逃げない」 快挙見守った両親が明かす“カツオの成長物語”

スタンドから生観戦した松元の父・達也さん(左)と母・夏江さん【写真:浜田洋平】
スタンドから生観戦した松元の父・達也さん(左)と母・夏江さん【写真:浜田洋平】

高校時代にもらった宝物「JAPANじゃないのにJAPANのユニホームを着ている」

 その年の11月にセントラルスポーツに移籍した。水泳だけでなく、体操などでも有名選手が所属する名門。口数は少ないが、何事も意思は強い。自ら考えて選んだ道で腹をくくった。夏江さんは言う。

「自分で頼みに行って、頭を下げたみたいです。その時はあまり選手を取らない感じだったそうです。自分で頭を下げて、自分で決めた。相談はなかったですね。いつもないんですよ。自分で決めて事後報告。

 うちは基本的に自分のことは自分で決めさせる。親が言うと、逃げになってしまう。『お母さんとお父さんが言ったから、僕はやった』とか。だから自分で決めさせると、逃げ場がなくなる」

 周りはハイレベルな選手ばかり。これまでの環境にはない、常に置いて行かれる立場となった。夏江さんは「セントラルスポーツに入った時点で変わった。自分で決めて入ったので。もう周りが凄い強い子ばかりで、早くみんなに追いつきたいという気持ちがあったみたい」と当時を振り返った。

 自ら決意を固めたら、前だけを見る。まさにカツオのようにぐんぐんと突き進んだ。日本代表となった現在、師事している鈴木陽二コーチは「彼の一番いいところは、練習から逃げないということ」と語る。アスリートに大切な、自らを追い込む力が養われていった。

 松元は移籍した当時、コーチに「JAPAN」の文字が入ったジャージーを“おさがり”で譲ってもらった。高校の合宿にも着ていくお気に入り。周囲には「カツオはJAPANじゃないのにJAPANのユニホームを着ている」とネタにされるほど宝物だった。今大会のメダルは日本勢第1号。正真正銘、偽りなく「JAPAN」を背負い、チームを勢いづけた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集