[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松元克央は「自分で決めたら逃げない」 快挙見守った両親が明かす“カツオの成長物語”

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕。第3日(23日)の男子200メートル自由形決勝では、松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒22の日本新記録で銀メダルに輝いた。

日本新記録で銀メダルに輝いた松元克央【写真:Getty Images】
日本新記録で銀メダルに輝いた松元克央【写真:Getty Images】

日本人初の200m自由形メダルの快挙、スタンドで応援した両親が激白

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕。第3日(23日)の男子200メートル自由形決勝では、松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒22の日本新記録で銀メダルに輝いた。この種目のメダル獲得は、五輪、世界選手権を通じて日本人初の快挙。「THE ANSWER」はスタンドから生観戦した松元の父・達也さん、母・夏江さんにカツオの泳いだ道のりを聞いた。

 本名の「克央(かつひろ)」から愛称は「カツオ」。周囲にも親しまれ、今大会の躍進でよりクローズアップされたが、両親は「己に克つ」の意味を込めて名付けた。父・達也さんは「あとは左右対称の字で、画数を見て書きやすいものがよかった」と名前の由来を明かし、カツオのニックネームで呼ばれることには「思ってもみなかったですね」と笑った。

 小さい頃は活発だが、口数の少ない子。「言うことを聞かなかったですね」と1歳上の兄とよく遊んでいたという。野球をしていた父の影響で、最初は白球を追った。基礎体力を作るため、5歳から本格的に始めたのが水泳。父は「団体競技、上下関係は大事なことなので、そういうのを学んでほしかった」と、親子でキャッチボールすることを願っていた。

 結局、野球にのめり込むことはなく、水泳の道に進んだ。そして、小学5年の時に東京辰巳国際水泳場で行われたジュニアオリンピック。10歳以下の50メートル自由形に出場した松元は、所属していた東京・葛飾区の金町スイミングクラブ(SC)で個人初の優勝者となった。

 この時に表彰台で金メダルを掛けてくれたのが、バタフライの第一人者で当時23歳の松田丈志氏だった。「凄く喜んでいた」と夏江さん。目の前で壁のように立っていた、世界で戦う大きな体。受け取ったメダルは自宅で大切に保管し、自室には松田氏とともに五輪平泳ぎ2大会連続2冠の北島康介氏の絵ハガキなども飾っている。

 しかし、大きな試合での優勝はこの1度だけ。母曰く「あとは全然、ダメだった。上を目指すとかではなかった」と全国大会に出場できたのも中学3年になってから。自ら練習嫌いと認めていたが、千葉商大付高に進学し、1年時のインターハイはリレーメンバーで出場。秋の国体で結果を残し、少しずつ意識が変わっていった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集