[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シュワちゃんの大胸筋に受けた衝撃 なぜ「バズーカ岡田」はそんなに体を鍛えるのか

骨格筋評論家「バズーカ岡田」の名前で活躍中の岡田隆氏の新連載。日体大准教授であり、柔道全日本チーム体力強化部長でもある同氏が、最新のトレーニング科学やボディメイク、ダイエットや健康の情報を連載でお伝えする。第1回は、トレーナーであり、ボディビルダーでもある岡田氏自身のトレーニング変遷について聞いた。

骨格筋評論家の「バズーカ岡田」こと岡田隆氏【写真:荒川祐史】
骨格筋評論家の「バズーカ岡田」こと岡田隆氏【写真:荒川祐史】

「骨格筋評論家・岡田隆新連載」―ドラゴンボールにあってONE PIECEにないもの

 骨格筋評論家「バズーカ岡田」の名前で活躍中の岡田隆氏の新連載。日体大准教授であり、柔道全日本チーム体力強化部長でもある同氏が、最新のトレーニング科学やボディメイク、ダイエットや健康の情報を連載でお伝えする。第1回は、トレーナーであり、ボディビルダーでもある岡田氏自身のトレーニング変遷について聞いた。

 ◇ ◇ ◇

 私の本務は日体大の教員です。教員としての仕事は、教育、研究、社会貢献の三本柱。教育と研究の分野ではトレーナーやボディビルダーの育成、筋トレやアスリートのリハビリテーションの研究などを行っています。

 社会貢献では、日体大の建学の精神である「体育、スポーツの普及・発展」を念頭に活動。私の場合は柔道全日本男子のトレーナーの仕事や、体作りにまつわる情報をメディアやセミナーなどを通じで発信することがこれにあたります。

 また、教員である一方、私はボディビル競技の選手でもあります。

 そもそも体を鍛えることに目覚めたのは小学生のときです。きっかけは、アーノルド・シュワルツェネッガーの映画「コマンドー」。シュワちゃんが空港を激走するシーンで、めちゃめちゃ揺れている大胸筋を見た時に「なんだこれは!」と衝撃が走りました。以来、「シュワルツェネッガーに近づきたい」と、筋トレにハマっていきます。

 思えば当時は、人気マンガの主人公も、だいたいみんなイイ体をしていました。「ドラゴンボール」しかり「北斗の拳」や「キン肉マン」にしかり。近年を代表するヒット作「ONE PIECE」の主人公は、ガリガリですからね。おそらく、イイ筋肉に接する時間が長く、それに憧れた世代でもあるのでしょう。

1 2

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集