[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“コロナ太り”でアクセス急増 プロ推薦「家でできるトレーニング動画」の選び方

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。

プロが推薦するトレーニング動画の選び方とは【写真:写真AC】
プロが推薦するトレーニング動画の選び方とは【写真:写真AC】

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。

 新型コロナウイルス感染拡大で在宅ワークが進み、“コロナ太り”が話題に。結果、動画サイトの「家でできるトレーニング動画」の需要が高まっているという。あらゆる動画があふれる中、どう選べばいいのか。中野さんがトレーナー目線で指南する。

 ◇ ◇ ◇

 今年に入り、自宅でできるトレーニング動画の数やアクセス数が急増したそうです。コロナ禍による在宅勤務の拡大やスポーツジムの一時休業による影響だと思われますが、動画サイトを見ながら体を動かすことが、一気に広まった感があります。

 私たちのトレーナーチームも、緊急事態宣言が発令された後、ホームワークアウトの動画配信をスタート。配信のきっかけとなったのは、クライアントや友人、SNSのフォロワーさんたちから数多く寄せられた「ジムに行けない間、どんな運動を続けていけばいいのか?」「コロナ禍でのリモートワークが始まってから運動不足で悩んでいる」という声です。「よし、体を動かそう!」というモチベーションが上がっていることを感じ、トレーナーとして、少しでもサポートしたいという想いからでした。

 これほど多くの方が運動不足を自覚し始めたことに驚く一方、「なんでもっと前に気づけなかったのかな」という気持ちも正直、あります(笑)。「コロナ禍以前はアクティブだったのに」と言われる方もいますが、フィジカルトレーナーの観点でいうと、多くの方はもともとが運動不足。「出勤」という日々の活動が一つなくなっただけで、太ったり健康状態が悪くなったりするほど、「ギリギリ(最低限)の運動量で生活していた」のです。

 今現在も、日常生活は戻りつつあるものの、まだまだ出社日数を段階的に増やしたり、遠出を控えたりしている方は多いと思います。しかも、これから暑くなり、外では運動したくないなあという人も増えてくるでしょう。そこで今回は、コロナ太り解消に選ぶならどんな動画がよいかについてのお話です。トレーニング動画が充実している今、利用しない手はありませんよ。

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集