[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • トレーニング
  • 筋トレの効果を引き出す「睡眠」 多忙な師走を乗り切る体をつくるポイントとは

筋トレの効果を引き出す「睡眠」 多忙な師走を乗り切る体をつくるポイントとは

筋肉が成長するためには、成長ホルモンの分泌を促す良質な睡眠が必要

「いやいや、細マッチョになったら仕事の効率が上がって疲れにくくなったよ」

 もしそうおっしゃる方がいたら、それは運動習慣によって、血圧が下がりやすくなったり、中性脂肪が下がったり、上手く気分転換ができるようになったからかもしれません。それこそ、運動によって体がほどよく疲れ、良質な睡眠が取れるようになったとも考えられます。

 そういう私自身も、自分のトレーニングをする時間が取れず、夜遅くに筋トレを行う日もあります。ところが明らかに目が冴えてしまい、眠れない。筋肉が成長するためには成長ホルモンの分泌を促す良質な睡眠が必要です。せっかくトレーニングをしても、最大の効果は得られないのではもったいない。最近はなんとかスケジュールを調整し、早めの時間にトレーニングを行うよう心がけています。

 筋トレをしても体はすぐには変わりませんが、1日でもぐっすり眠れた翌朝は、体の調子が劇的に良くなります。逆に良質の睡眠を取れない人は、どんなストレッチや半身浴、マッサージをしても、体は完全には回復できません。

 睡眠は最高の疲労回復法。睡眠時間をしっかり確保して、忙しい師走を乗り切ってください。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー