[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「底抜けに面白くあまりに悲劇的」 顔面直撃の“弾丸オウンゴール”に海外騒然

「底抜けに面白くあまりに悲劇的」 顔面直撃の“弾丸オウンゴール”に海外騒然

海外サッカーで、味方のクリアボールが顔面に当たってオウンゴールとなる珍事が発生。何が起こったのか、思わず二度見したくなるような仰天の決定的瞬間を、海外メディアが「底抜けに面白くあまりに悲劇的なオウンゴールが誕生」と動画付きで紹介し、注目を集めている。

アイスランドで生まれた痛快なオウンゴールが話題に(この画像はスクリーンショットです)
アイスランドで生まれた痛快なオウンゴールが話題に(この画像はスクリーンショットです)

アイスランドの国内カップ戦でクリアが味方の顔面直撃でオウンゴールとなる珍事…

 海外サッカーで、味方のクリアボールが顔面に当たってオウンゴールとなる珍事が発生。何が起こったのか、思わず二度見したくなるような仰天の決定的瞬間を、海外メディアが「底抜けに面白くあまりに悲劇的なオウンゴールが誕生」と動画付きで紹介し、注目を集めている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 不運のプレーが生まれたのは、アイスランドの国内カップ3回戦、ヴィキングル・レイキャヴィーク-フィヨルニル・レイキャヴィークの一戦だ。

 ペナルティエリア外左でフリーキック(FK)を献上したヴィキングルは、選手を8人置いてゴール前を固めた。FKはクリアしたが、こぼれ球がフィヨルニルの選手に渡ってしまい、ゴール左隅に鋭いシュートを打たれてしまった。

 GKの足元を抜かれ、枠内に向かうボールを18歳のDFイサク・アトリ・クリスチャンソンが左足ではね返し、間一髪ピンチを脱出した…かに思えたが、しかし――。

 不運にもクリアボールが右隣にいた味方のオーラ・ポーホールッソンの顔面を直撃。ボールは180度進路を変え、そのまま自陣のゴールネットを揺らした。ボールが当たったポーホールッソンは、のけぞり倒れ込んだ後、しばらく立ち上がれなかったことを考えれば、その衝撃の大きさがうかがい知れるだろう。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー