[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「時間は多いようで少ない」 日本の司令塔・富樫勇樹が描く東京五輪までの青写真

ポジション争いが激化も冷静「どのチームにいても争わなきゃいけない」

 もっとも、課題がなかったわけではない。

 ラマスHCはパスで崩すスタイルを標榜しているが、全員の意思疎通が合わず、連動した動きを見せられない場面が散見。パスの出しどころがない司令塔の富樫がターンオーバーを犯し、ウルグアイに速攻を決められる場面が何回かあった。守っては身長167センチゆえのミスマッチを突かれ、ゴール下に押し込まれて失点も喫している。

 ポジションを争う篠山竜青がウルグアイとの2連戦で輝きを放っただけに、富樫とて立場は安泰ではない。それでも「ポジションはどのチームにいても争わなきゃいけないもの。ましてや代表ですから」といたって冷静だ。

「誰が出ても同じようなレベルで戦えると思います。調子の良い選手が多かったり、少しの差はあるかもしれませんけど、代表チームなのでスイッチを入れる入れないは各自でできる。全員が試合に絡みながら、与えられた時間をしっかりプレーできるようにしたいです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集