[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 4度の延長制し決勝へ 福岡大大濠のスーパー1年生横地が描く壮大な成功ストーリー

4度の延長制し決勝へ 福岡大大濠のスーパー1年生横地が描く壮大な成功ストーリー

1日に行われた全国高校総体(インターハイ)の男子バスケットボール準決勝、福岡大学附属大濠(福岡)が4度のオーバータイム(延長戦)の末に89-87で帝京長岡(新潟)を破り、3年ぶりの決勝進出を決めた。

平野貴也●写真 photo by Takaya Hirano

「初体験」の4度の延長、帝京長岡との死闘を制して89-87で勝利

 どちらも引かない、大熱戦が繰り広げられた。

 1日に行われた全国高校総体(インターハイ)の男子バスケットボール準決勝、福岡大学附属大濠(福岡)が4度のオーバータイム(延長戦)の末に89-87で帝京長岡(新潟)を破り、3年ぶりの決勝進出を決めた。

「経験がない。色々な試合を経験してきたけど、初体験です。長かった、長かったです。ゲーム中は汗をかきますが、延長に入ったくらいまでは暑かったんですけど、再々延長くらいからは何も感じなかったくらい。でも、みんなの魂がコートに入るっていうのは、そういうことなのかなと思いながら、充実した時間をみんなで過ごせたと思います」

 福岡大大濠の片峯聡太コーチがそう振り返る、異例の4度の延長という激戦は、まさに“死闘”だった。

 福岡大大濠は、U-19日本代表の中田嵩基(2年)や、身長2メートルのビッグマン井上宗一郎(3年)、リーダーシップのある永野聖汰(3年)らが中心のチームだが、終盤には永野が5ファウルで退場となるなど、総力戦となった。その中で何度も窮地を救ってヒーローになったのは、スーパールーキーの横地聖真(1年)だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー