[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「天国」と「地獄」 ベラルーシでGKが「パントキックゴール&退場」の“1人劇場”

「天国」と「地獄」 ベラルーシでGKが「パントキックゴール&退場」の“1人劇場”

サッカーのベラルーシリーグ1部、第16節のFCヴィーツェプスク―クルムカチ・ミンスクで、ゴールキーパー(GK)がパントキック一発でキャリア初の得点を奪取。さらに一発退場まで犯し、「天国」と「地獄」を味わう様子が収められた動画がYoutubeで公開されると、ファンからは「度肝を抜く試合だった」「こんなことあり得ない」といった驚きの声が挙がっている。

コスチュケビッチが右足一閃、ボールはわずか6秒で敵陣ゴールへ突き刺さる

 サッカーのベラルーシリーグ1部、第16節のFCヴィーツェプスク―クルムカチ・ミンスクで、ゴールキーパー(GK)がパントキック一発でキャリア初の得点を奪取。さらに一発退場まで犯し、「天国」と「地獄」を味わう様子が収められた動画がYoutubeで公開されると、ファンからは「度肝を抜く試合だった」「こんなことあり得ない」といった驚きの声が挙がっている。

 サッカーは何が起こるか分からない。まさに、その要素が詰まった試合だった。非常に珍しいシーンの主役となったのが、クルムカチのGKエヘニー・コスチュケビッチだ。

 1-2と1点ビハインドで迎えた後半10分、相手が上げた中央へのクロスをキャッチしたコスチュケビッチは、周囲の動きを見ながら前線へ右足でパントキック。味方選手1人、ヴィーツェプスクのDF2枚がボールを追いかけて激しい競争を見せる。すると――。

 ボールはペナルティーアーク付近に落下して大きく弾み、飛び出していた相手GKの頭上を通過。そのまま一直線にゴールへと向かい、あっという間にネットに突き刺さった。コスチュケビッチのキックからわずか6秒。思わぬ形で同点に追いつかれると、敵地のヴィーツェプスク・サポーターからは悲鳴が混じったどよめきが沸き起こった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー