[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

点取ったら“飛行機” 東九州龍谷のハイテンション監督が“熱~い”日本一に歓喜

ハイテンション指揮官が日本一に返り咲いた。全国高校総体(インターハイ)は1日、女子バレーボール決勝で東九州龍谷(大分)が誠英(山口)を3-1で破り、4年ぶりの優勝を飾った。日本一が決まると、選手たちはコート上で抱き合って涙。ひときわ感情を爆発させたのは、相原昇監督(49)だった。

円陣自ら絶叫、得点でスキップ…ネット上で話題の“熱すぎる指揮官”相原昇監督

 ハイテンション指揮官が日本一に返り咲いた。全国高校総体(インターハイ)は1日、女子バレーボール決勝で東九州龍谷(大分)が誠英(山口)を3-1で破り、4年ぶりの優勝を飾った。日本一が決まると、選手たちはコート上で抱き合って涙。ひときわ感情を爆発させたのは、相原昇監督(49)だった。

「諦めずに戦ってきたことが結果になってうれしい。苦しいところを笑いながら、はねのけてくれました」。恰幅のいい相原監督は、場内インタビューで声を張り上げると、選手たちにも笑みが広がった。

 まるで“7人目の選手”のようだった。この日行われた準決勝、福井工大福井(福井)戦。1-1で迎えた第3セットは終始リードされる展開ながら、21-23の敗戦寸前から大逆転勝ち。すると、勝利の瞬間、歓喜の輪ができたコート上に乱入し、誰よりも飛び跳ね、雄たけびを上げていた。

 迎えた決勝。試合前の円陣では、指揮官自ら真ん中に入り「いくぞー!」と声を張り上げ、選手を鼓舞した。試合は常にコート際で立って戦況を見守り、ポイントを奪うたび、選手のようにコート脇を5~6メートル走りながら、スキップでガッツポーズを繰り出したり、飛行機のように両手を広げて喜んだり、時にはコート隅にいる控え選手の輪に加わってハイタッチしたりした。

 熱すぎる指揮官の思いは選手と一つになっていた。東九州龍谷は第1セットを25-21で幸先良く先取したが、第2セットを21-25で落とした。しかし、第3セットを25-19で奪取。第4セットも終盤まで22-22ともつれる展開となったが、最後は25-23で振り切った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集