[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

違いは「目を使うか、耳を使うか」 サッカー技術指導コーチが語る“ブラサカ”の奥深さ

ブラインドサッカーの日本代表は「パスを多用」することで強豪撃破を狙っている【写真:日本ブラインドサッカー協会/鰐部春雄】
ブラインドサッカーの日本代表は「パスを多用」することで強豪撃破を狙っている【写真:日本ブラインドサッカー協会/鰐部春雄】

世界3強に勝つには「ドリブルという個の能力を引き上げるだけでは難しい」

 ところが全盲の選手たちは、ほとんど常時自分がどこにいて、相手がどんな配置になっているか認識しているのだという。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

「ブラインドサッカーでは、どうしてもドリブル主体の攻撃が多くなります。パスを受けるのが難しいので、パス交換をすればそれだけボールを失うリスクが高まるわけです」

 現在ブラジルとアルゼンチンが二強で、中国が続き、日本はセカンドグループで追いかける状況。現状では「ドリブルという個の能力を引き上げるだけでは3強に勝つのは難しい」と、中川は分析する。

「だからもっとパスを多用し、コンビネーションやポゼッションなども加えて崩せるようにしていきたいですね」

 ブラインドサッカーの日本代表は、新境地を切り拓こうとしている。

(文中敬称略)

(第2回へ続く)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集