[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金メダル以上に求めるもの 女子ソフトの天才打者、東京五輪への想いとは

「頑張る『意味』が、そこにある」―競技継続への思い

 五輪から除外されている期間も、13年からオフシーズンにアメリカのプロリーグに参戦。挑戦を続け、成長を追い求めてきた。東京五輪が行われる20年には36歳。肉体の衰えはあっても、培った経験と類まれな技術でカバーし、日の丸を牽引するつもりだ。「まずは出場できるように」と前置きした上で、並々ならぬ決意を明かした。

「自分の結果を出すのは当たり前と思っている。若い選手が力を出すための環境作り、声かけや流れを作ることを一番意識している。ソフトボールが次も採用されるかは、まだわからない状況。東京でやらせてもらえるのはソフトボールをどんどんアピールするチャンスでもある。

 五輪競技じゃなくなって、競技人口も少なくなってしまっている現状もある。ソフトボールをする人がもっと増えてほしいし、そのためにはソフトボールって面白いなって思ってもらえるかが大事だと思う。見ていて楽しんでもえらえるようなプレーをしたい」

 一人の選手として、ソフトボール界を背負う者として、栄光を経験しているから思うことがある。冒頭で北京五輪を振り返った時、「勝つことであんなにいろんな人が喜んでくれる」と言った後、ひと言、こう付け加えていた。

「頑張る『意味』というのが、そこにあるのかなと思っている」

 3大会ぶりに復活するソフトボール。東京での盛り上がりが、目指す競技継続への「試金石」となるだろう。不遇の時代を過ごしながらも歩みを止めることはなかった山田。今、見つめているのは3年後の金メダル、そして、その先にあるソフトボール界の「意味」を守ることだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集