[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

79.2km走ってタイム差「0」 パラ自転車の大逆転劇が凄い「こんな結末見たことある?」

東京パラリンピックの自転車競技で大逆転劇が起き、海外ファンを興奮させている。79.2キロの長距離レースだったが、ラスト300メートルであった絶望的な差をひっくり返し、1、2位が入れ替わった。実際のレース映像を大会公式インスタグラムが公開。「こんなにドラマティックなフィニッシュを見たことある?」と脚光を浴びせている。

パラリンピック自転車競技で大逆転の末、金メダルを手にしたミトチ・ファリゼ【写真:Getty Images】
パラリンピック自転車競技で大逆転の末、金メダルを手にしたミトチ・ファリゼ【写真:Getty Images】

ラスト50メートルで並びかけ、ぎりぎりで逆転

 東京パラリンピックの自転車競技で大逆転劇が起き、海外ファンを興奮させている。79.2キロの長距離レースだったが、ラスト300メートルであった絶望的な差をひっくり返し、1、2位が入れ替わった。実際のレース映像を大会公式インスタグラムが公開。「こんなにドラマティックなフィニッシュを見たことある?」と脚光を浴びせている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 世紀の大逆転だ。逃げ切りを図るロイク・ベルニョ(フランス)を懸命に追いかけるミトチ・ファリゼ(オランダ)。残り300メートル地点でもまだ10メートル以上の差がある。優勝は決まりか、と思われたが、ファリゼはあきらめていなかった。懸命に腕の力を振り絞ってラストスパート。じわじわと差をつめると、残り50メートル付近で並びかけ、最後はほぼ並ぶような格好でゴール。わずかにファリゼが前に出ていた。

 両手を高々と掲げ歓喜。タイム差は「0」という大接戦だった。79.2キロを走り抜いたラストでのこのわずかの差。大会公式では「これを見て! こんなにもドラマティックなフィニッシュを見たことある? ミトチ・ファリゼ…なんという王者なんだ!」と興奮気味に勝者をたたえていた。

 これに海外ファンも興奮。「とてつもない」「まさしく信念と自信」「ブラボー」「素晴らしい。両選手を称えたい」「どちらの選手にも金メダルをあげたい」と勝者のみならず、銀メダルだったベルニョにも拍手が送られている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集