[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米識者が日本の階段で混乱 “波にぶつかった”理由に納得「5日目まで気付かなかった」

東京五輪を取材する海外レポーターは、様々な形で日本文化に触れている。そんな中、階段を移動する際に、混乱してしまった人もいたようだ。米紙「USAトゥデー」は、レポーターのクリス・ブンバカ氏が体験したことを記事で伝えている。

米識者が日本の階段を移動する際に感じた違和感とは【写真:AP】
米識者が日本の階段を移動する際に感じた違和感とは【写真:AP】

東京五輪の取材中、移動時に感じた違和感をレポート

 東京五輪を取材する海外レポーターは、様々な形で日本文化に触れている。そんな中、階段を移動する際に、混乱してしまった人もいたようだ。米紙「USAトゥデー」は、レポーターのクリス・ブンバカ氏が体験したことを記事で伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 同紙は、「USAトゥデーのジャーナリストたちとともに東京五輪の舞台裏に迫る」との見出しで記事を掲載。「日本の階段の厄介者」の項目では、ブンバカ氏が階段を移動する際に感じたことを紹介している。

 東京アクアティクスセンターで、競泳を取材していたという同氏。会場内の階段について「自分は周りの人を追い越しながら階段を下っていた。すると、登る人たちの波に向かって行く形になり、初めてではなかったので『みんな何してるの?』と思った」と伝えている。

 不思議に思いつつも理由が分からなかったという同氏。「それでサインを見たのだ。矢印は左側だった。右側は“no”の意味を示す印だった」。会場の階段は左側通行となっていることを知らず、右側を通った時に流れに逆らってしまっていたようだ。

「5日目まで気付かなかった。日本では、左車線を運転する」と納得した様子のブンバカ氏。米国では自動車が右側車線を通行するが、日本はその逆。駅などでも、進行方向によって通行する場所が分けられていることが多い。ブンバカ氏は決まり事に慣れようと心がけているようで「自分にとって自然なことを崩すよう最善を尽くすつもり。ここで私が車を運転しない予定なのは良かった」とつづっていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集