[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部詩、柔道界の“常識”を覆した闘い 中高時代の恩師「52kgの選手が減量なしで…」

東京五輪柔道競技2日目(25日、東京・日本武道館)、女子52キロ級の阿部詩(日体大)が、兄で男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)とともに日本柔道兄妹金メダル獲得の偉業を成し遂げた。

柔道の女子52キロで金メダルを獲得した阿部詩【写真:AP】
柔道の女子52キロで金メダルを獲得した阿部詩【写真:AP】

かつて恩師に打ち明けた「落ちちゃうんでいっぱい食べてます」

 東京五輪柔道競技2日目(25日、東京・日本武道館)、女子52キロ級の阿部詩(日体大)が、兄で男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)とともに日本柔道兄妹金メダル獲得の偉業を成し遂げた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 兵庫・夙川学院中高時代は体重が詩の悩みのタネだった。

 6年間、詩を指導した垣田恵佑氏(現・佐久長聖高校柔道部監督代行)は「体重が足りない子だったんですよ。ずっと。今もあるかと言ったらそんなにない。中学生のときは本当に足りなくて、全中(全国中学校柔道大会)で優勝したとき、試合が終わって体重計に乗ったら49キロだった。52キロの選手が減量なしで52キロぴったりで体重計乗ってましたから。ありえないですね」と驚きを交えて語る。

 52キロ級の選手は通常、58キロ前後から減量するのが一般的。しかし、詩の場合は、もともとが減量する必要がないくらいの体重だった。

 それを気にしたのは指導者だけではなかった。詩は高校までは実家から通っていた。体重の心配をした親と、たびたびケンカすることもあったという。

「家庭も意識が高かった。よくケンカしてたみたいです。お父さんさんと詩で。『なんで食べへんねん!』みたいな。体重が足りないから食べさせようとする。けど、詩は食べれないって言う。もっと体重を増やさなければダメだっていう考えのもと、お父さんとお母さんが一生懸命、やられたと思います」

 7月に入り、佐久長聖高に出稽古に訪れた詩は、体重について「落ちちゃうんでいっぱい食べてます」と打ち明けた。減量苦でヘロヘロになるようなこととは無縁で、理想的な体質でもある。ただ、五輪に向け、練習で追い込めば追い込むほど、体重が気になっていた。「校長先生にお店連れていってもらって、食事したんですけど、バッカバカ食べてましたね」(垣田氏)

 家族の支えは最後まで続いた。兵庫から母・愛さんが上京し、食事面をサポート。詩は食との闘いも制した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集