[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

柔道金の高藤直寿、敗れた台湾選手との健闘称えるシーンに反響「これぞ五輪」「感動」

東京五輪は24日、柔道の男子60キロ級決勝が行われ、高藤直寿(パーク24)が楊勇緯(台湾)に指導3による反則勝ち。自身初の金メダルを獲得した。激闘を終えた2人は、手を取り合って健闘を称えていたが、SNS上の日本人ファンからも「これぞ五輪」「両者のスポーツマンシップに感動!」などと反響が寄せられていた。

柔道の男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿(右)と台湾の楊勇緯【写真:AP】
柔道の男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿(右)と台湾の楊勇緯【写真:AP】

男子60キロ級決勝でのワンシーンが注目

 東京五輪は24日、柔道の男子60キロ級決勝が行われ、高藤直寿(パーク24)が楊勇緯(台湾)に指導3による反則勝ち。自身初の金メダルを獲得した。激闘を終えた2人は、手を取り合って健闘を称えていたが、SNS上の日本人ファンからも「これぞ五輪」「両者のスポーツマンシップに感動!」などと反響が寄せられていた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 激闘を称え合った。延長戦、楊に3つ目の指導が入って高藤の反則勝ちが決定。うなだれる楊のもとへ高藤は歩み寄り、手を握って抱擁した。何か言葉を交わしたあと、楊が高藤の手を挙げようとしたが、逆に高藤が楊の左手を握り返し、高々と掲げた。スポーツマンシップに溢れたシーンだった。

 このシーンにはツイッター上のファンも反応。「お互いを称えあう抱擁 これぞ五輪」「思わず涙を堪える楊選手 尊い……」「両者のスポーツマンシップに感動!」「こっちも笑顔になりますなー」などと反響が寄せられていた。高藤は畳を降りる直前にも正座し、一礼するなどしていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集