[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】「いつでも本番を迎えられる準備を」 荻原健司が五輪アスリートに求める“覚悟”

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

スキー・ノルディック複合で2大会連続の金メダルを獲得した荻原健司氏
スキー・ノルディック複合で2大会連続の金メダルを獲得した荻原健司氏

連載「Voice――今、伝えたいこと」第19回、“キング・オブ・スキー”がアスリートに送る熱いメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第19回はスキー・ノルディック複合で2大会連続金メダルの荻原健司氏。「キング・オブ・スキー」とも呼ばれるレジェンドが、部活動に打ち込む中高生や、そして1年延期となった東京五輪を目指すアスリートに送るメッセージとは。

 ◇ ◇ ◇

 五輪で2つ、世界選手権で4つの金メダル。W杯通算19勝、史上初の3年連続の総合V――。輝かしい実績を誇る荻原さん。“キング・オブ・スキー”と呼ばれた男にとっても、スポーツが縁遠くなってしまった今、スポーツが持つ力と改めて向き合っている。

「スポーツとは何なのか。次々と大会がなくなっている。私自身も日頃講演会や、スポーツイベントに呼ばれることが多いのですが、そういうものが全てなくなった。不要不急という言葉が言われていますが、スポーツは本当に不要不急なのでしょうか。考えさせられました。スポーツって何なんだろうと。スポーツがあることで、すごく充実して清々しい豊かな生活が送れるんだと、改めて感じています」

 50歳となった今も実に若々しい荻原さん。穏やかな表情でスタートしたリモートでのインタビューだったが、インターハイや、甲子園が中止となった若きアスリートたちへと話が及ぶと一転、表情を曇らせた。

「特に若い選手たちが心配です。中高生、部活で頑張っていたにも関わらず、夢の舞台がなくなってしまった。中高生にとっては五輪や世界大会はまだまだ先のこと。目指しやすい、目標となりやすいのが全国大会です。多くの若いアスリートたちが、自分の目指すべき場所がなくなって、スポーツに対するモチベーションが低下してしまっています」

 では、そんな中高生アスリートは何をモチベーションにすればいいのだろうか。荻原さんは伝えたいメッセージがあると、声のトーンを一段上げた。

「スポーツは中学まで、高校までと決めていた。という3年生も多いでしょう。全国大会はなくなってしまいましたが、終わりを決めていた選手自身の気持ちがすっきりとして、自分は十分やってきましたと。それで競技活動から離れようというのであればいいと思います。ですが、好きなスポーツを本当にこのままやめてしまっていいのだろうか。どうしても、もやもやした気持ちが残っている選手もいるでしょう。私は、このもやもやを残したまま、競技スポーツから離れて欲しくありません。

 いつか必ず、後悔する時がくる。あの時、なぜやめてしまったんだろう……。もうひと踏ん張りして頑張ればよかった。と思う時がくる。もやもやしたものが少しでもあるんだったら、高校や、大学に進学してもチャレンジをしてほしい。自分の気持ちの中ですっきりするまで、やりきったというところまで続けて欲しい。それがこの先の自分の人生にも繋がってきます。こういう状況だからこそ、中学校まで、高校までと区切りをつけないで。そもそもスポーツって区切りをつける必要はないんです。一生涯付き合っていけるのがスポーツです」

 自身も群馬・長野原高時代から世界ジュニアに出場するなどしていたが、順位は16位が最高。オリンピックを意識し始めたのは20代に入ってから。「中高生の皆さん、自分自身の可能性が広がっていくのはこれからですよ」と強調する。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集