[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】指導者は「上機嫌であれ」 女子バスケ大神雄子の哲学「人間は葛藤して生きている」

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

元バスケットボール女子日本代表の大神雄子氏【写真:スポーツビズ】
元バスケットボール女子日本代表の大神雄子氏【写真:スポーツビズ】

連載「Voice――今、伝えたいこと」第9回、日本女子初プロバスケ選手からのメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第9回は、元バスケットボール女子日本代表で、現在はトヨタ自動車アンテロープスでアシスタントコーチを務める大神雄子氏だ。2008年には米女子プロリーグ(WNBA)のフェニックス・マーキュリーで開幕ロースター入りし、日本人2人目のWNBA選手となった大神氏が今、伝えたいメッセージとは。

 ◇ ◇ ◇

 新型コロナウイルスの世界的蔓延で今、つい数か月前まで想像もできなかった難局に立ち向かっている。スポーツ界では、各競技でイベントが中止され、7月22日に開幕予定だった東京五輪も1年の延期を余儀なくされた。「STAY HOME」を合言葉に1日も早い事態の収束を願う中、「バスケットボールで日本を元気にできるように」という目標を掲げて、YouTubeやオンラインサロンを通じて積極的に発信を続ける人物がいる。それが、元バスケットボール女子日本代表の大神雄子氏だ。

 日本女子初のプロ契約選手、日本人2人目のWNBAプレーヤー、そして中国女子バスケットリーグでは優勝を経験するなど、前例に囚われることなく活躍の場を広げてきた。2018年に35歳で引退するまで国内外で積み重ねた経験は計り知れず。現役時代から自身の経験を還元すべく、SNSを通じて発信し続けてきた。

 古巣のトヨタ自動車でコーチを務める傍ら、大学院でコーチングについて学ぶ中で「自分のコーチング哲学というものが少しずつ見えてきた」。同時に「いろいろな方の哲学に触れてみたい」という思いも沸き、「本当にコーチングを学びたい人の集まり」を作り出そうと、YouTubeやオンラインサロンをツールとして使い始めたという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集