[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

横浜の夜に感銘 大会ボランティアの献身をNZメディア絶賛「ファンもこれを愛してる」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は準決勝が終了したが、大会を支えているのが、ボランティアスタッフだ。本場ニュージーランドメディアは26日に行われた準決勝のイングランド戦(横浜)を振り返り、試合後まで徹底された献身ぶりについて「ファンもこれを愛している」と絶賛している。

多くのボランティアスタッフたちの活躍にとってラグビーW杯は支えられている【写真:Getty Images】
多くのボランティアスタッフたちの活躍にとってラグビーW杯は支えられている【写真:Getty Images】

準決勝を終えた午後10時、会場のコンコースで繰り広げられた光景は…

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は準決勝が終了したが、大会を支えているのが、ボランティアスタッフだ。本場ニュージーランドメディアは26日に行われた準決勝のイングランド戦(横浜)を振り返り、試合後まで徹底された献身ぶりについて「ファンもこれを愛している」と絶賛している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「ラグビーW杯2019:日本のボランティアがホスピタリティでファンを感動させる」と見出しを打って報じたのは、ニュージーランドメディア「ニュースハブ」だった。記事では、準決勝のイングランド戦の様子を伝えながら「横浜のスタジアムのコンコースでの風景は、どこにも見られないものだった」と記した。

「午後10時。騒々しく、聞きなれないメロディーに大きな声。しかし、すべてが酔ったファンのものではない。混沌とした光景でもない。ホスピタリティの音であり、ラグビーW杯のアンセムだった」

 このように情景を表現した上で「Arigato gozaimasu! Arigato gozaimasu!(ありがとうございます!)」の声が鳴り響いていたと紹介。「何百ものボランティアがコンコースの端に並び、手を振り、ハイタッチ。笑顔で4万8000人のファンに感謝していた」と試合後に繰り広げられたシーンを取り上げた。

 記事では「ファンもこれを愛している」とした上で、ボランティアにハグするファンもいれば、声を大にして「この国が大好きだ」と言うファンもいると紹介。「彼らは余暇を投げうっている。なぜなら“おもてなし”は日本文化で非常に重要なのだ」と献身的な姿勢をレポートした。

「これはファンの期待を超える」と称賛。さらに、実際に参加している日本人、海外のボランティアの声も伝えていた。高い評価を受けている今大会、それを支える存在がなければ、ここまでの盛り上がりはあり得なかった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集