[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2011年W杯と真逆の展開で勝利したウェールズ 菊谷崇の目「規律の大切さを痛感」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、大分で準々決勝の第3試合が行われ、大接戦の末にウェールズがフランスに20-19で逆転勝利し、4強入りを決めた。

手堅い試合運びで逆転勝利を収めたウェールズ代表【写真:Getty Images】
手堅い試合運びで逆転勝利を収めたウェールズ代表【写真:Getty Images】

フランスは前半19-10とリードしながら、レッドカードで形勢逆転

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、大分で準々決勝の第3試合が行われ、大接戦の末にウェールズがフランスに20-19で逆転勝利し、4強入りを決めた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 フランスは前半、格上のウェールズに対して積極的なアタックを仕掛け、2つのトライを決めるなど19-10とリード。だが、後半9分にモールの中で身動きが取れなくなったLOバハマヒナが、ウェールズ選手に強烈な肘打ちを食らわせて一発退場のレッドカードを受けた。

 残り時間を14人で戦うことになったフランスに対して、ウェールズはディフェンスを立て直して襲い掛かる。まずは53分にペナルティーゴールで3点を返すと、最終盤の74分にゴール前の密集からNO8モリアーティが飛び込んでトライ。コンバージョンも決まって20-19と逆転すると、そのまま逃げ切った。

 スタイルが全く違う欧州の2チームの対戦を制し、ウェールズが2大会ぶりの4強入りを決めたこの試合。元日本代表主将で2011年W杯に出場した菊谷崇氏はどう見たのか。「THE ANSWER」に語ってくれた。

 ◇ ◇ ◇

 最後の最後まで気の抜けない、今大会屈指の痺れる試合になりました。結果は1点差になったわけですが、両チームが前回、W杯で対戦したのは2011年の準決勝。この時はウェールズの選手がレッドカードで退場し、フランスが9-8の1点差で勝利するという、まったく逆の展開でした。それだけに、今回の結果も何か不思議なつながりを感じますね。

 言うまでもなく、試合を決めたのはレッドカードです。前半を19-10とリードして折り返したフランスは、後半スタートしてすぐに一番いい場所に攻め込んだところでレッドカード。自分をコントロールできないと、チームに大きな迷惑が掛かることになる。改めて「規律」の大切さを痛感する場面になりました。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集