[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アイルランド選手が顔面タックル退場も… サモアが異例の要望「上の人間も考えて…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は12日、東平尾公園博多の森球技場で日本と同じA組の世界ランク4位アイルランドが同15位サモアを47-5で圧倒、3大会連続決勝のトーナメント進出を決めたが、試合中に会場をヒヤリとさせたシーンがあった。

退場となったアイルランドのバンディー・アキ(中央)【写真:Getty Images】
退場となったアイルランドのバンディー・アキ(中央)【写真:Getty Images】

CTBアキが危険タックルをサモアHCが擁護「タックルに悪意があったか?」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は12日、東平尾公園博多の森球技場で日本と同じA組の世界ランク4位アイルランドが同15位サモアを47-5で圧倒、3大会連続決勝のトーナメント進出を決めたが、試合中に会場をヒヤリとさせたシーンがあった。アイルランド選手がサモア選手の顔面に肩でタックルし、一発退場。海外メディアが実際のプレーを動画付きで公開して反響を広げているが、反則を受けたサモア側が処分を見送ってほしいと異例の要望に出ている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 会場が一瞬ヒヤリとした。前半28分、アイルランドがボールを回して左サイドに振ったが、連携が乱れ、サモア選手がターンオーバー。フォローしたSOウルパノ・セウテニがボールをキャッチした次の瞬間だった。奪い返そうとアイルランドのCTBバンディー・アキがタックル。しかし、上体が高く、顔面付近に肩から入るような形になった。

 セウテニはそのまま仰向けに弾き飛ばされて動くことができず。すぐさま笛が鳴り、救護スタッフが脳しんとうの疑いがないか、確認に走った。危険なプレーに対し、サモア側もエキサイトする展開となったが、最終的に主審からアキにレッドカードが提示。このまま試合を退く形になった。

 試合自体は1人欠いたアイルランドがトライを決めて47-5で大勝したが、今後の処分次第ではアキが決勝トーナメントを戦えない可能性がある。ただ、アキについて声を上げたのは、反則を受けたサモアだった。英紙「サン」は「サモアは昨日のバンディー・アキ退場後、彼の出場停止を避けるために協力するつもりだ」と報じている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集