[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最後に一言…」と選手が感謝 ジョージアHCのラストゲームで見せた“諦めない心”

1次リーグはついに、残すところ4試合となったラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。11日には静岡・エコパスタジアムでD組で決勝トーナメント進出を決めているオーストラリアが、ジョージアに27-8で勝利した。

オーストラリアがジョージアを下す【写真:荒川祐史】
オーストラリアがジョージアを下す【写真:荒川祐史】

8年を過ごしたジョージアを離れ、今冬からサントリーで指揮

 1次リーグはついに、残すところ4試合となったラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。11日には静岡・エコパスタジアムでD組で決勝トーナメント進出を決めているオーストラリアが、ジョージアに27-8で勝利した。ワラビーズの愛称でおなじみの強豪オーストラリアは4トライを奪ったが、最終スコアが示すほどの楽勝ではなかった。この日は台風接近の影響を受け、雨風が強く吹きつける悪条件での試合開催。だが、それ以上にオーストラリアを苦しめたのは、ジョージアの鉄壁のディフェンスと最後まで諦めない闘争心だった。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 試合開始直後からジョージアは徹底的に守り抜いた。オーストラリアの選手がボールを持ったと見るやいなや、重量タックルで襲い掛かり、なかなかゲインさせない。試合開始から10分ほどは、両陣22メートルラインの間を行ったり来たり。ようやく22メートルラインを越えたオーストラリアは14分、敵陣ゴールまで約5メートルでのラインアウトからモール、ラックで畳みかけ、トライまであと一歩まで迫った。だが、ジョージアは徹底抗戦で死守。逆にオーストラリアのペナルティーを誘い、敵陣へ攻め込んだ。

 前半を終え、スコアは10-3。オーストラリアは1トライ1ゴール差のリードをつけただけだった。後半が始まると、19分にオーストラリアがトライを挙げるが、その10分後に今度はジョージアがトライ。ジョージアは泥臭く食い下がったが、試合終了間際の6分間で2トライを献上。試合後、ミルトン・ヘイグ・ヘッドコーチ(HC)は「我々はよく戦い続けた」と振り返った。

 今大会、ジョージアは1勝3敗で1次リーグを終えた。D組では4位以下が確定しており、2023年フランス大会の自動出場権も逃した。だが、試合後の記者会見でヘイグHCは「タフな試合だったが、選手は守り抜いた。勝ち目は見えなくても最後まで戦い抜いた姿を誇りに思う」と胸を張った。

 2011年末からジョージア代表を率いるヘイグHCはニュージーランド出身。就任当初、ティア1のチームには全く歯が立たなかったチームに「ラグビーの基礎と闘争心、諦めない心を植え付けてくれた」と、HOマムカシビリは話す。勝者の心得とは何なのか。ジョージアの強みは何なのか。ヘイグHCが根気強く説き続けた結果、2015年イングランド大会ではトンガとナミビアから2勝を挙げ、初めて上位12チームに入って、今大会の自動出場権を獲得。そして、この日は201という桁外れのタックル数で、強豪オーストラリアを苦しめた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集