[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナミビア選手も感激 国歌全力熱唱のマスコットキッズに賛辞「絶対この子良い子だわ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、B組で世界ランク1位ニュージーランドが同23位ナミビアに今大会最多の11トライを奪い、71-9で開幕3連勝。ナミビアの健闘及ばず、最終的にはオールブラックスが強さを見せつけたが、試合前にも注目を集めたシーンがあった。マスコットキッズが、ナミビアの国歌を全力熱唱。実際の映像を、大会公式が紹介。ファンの感動を呼んでいる。

オールブラックスを相手に健闘したナミビア【写真:石倉愛子】
オールブラックスを相手に健闘したナミビア【写真:石倉愛子】

日本の少年がニュージーランド戦前の国歌を選手と一緒になって熱唱

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、B組で世界ランク1位ニュージーランドが同23位ナミビアに今大会最多の11トライを奪い、71-9で開幕3連勝。ナミビアの健闘及ばず、最終的にはオールブラックスが強さを見せつけたが、試合前にも注目を集めたシーンがあった。マスコットキッズが、ナミビアの国歌を全力熱唱。実際の映像を、大会公式が紹介。ファンの感動を呼んでいる。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 秋晴れの東京スタジアムに流れたナミビア国歌「Namibia, Land of the Brave」。一列に並んだナミビアの選手たちは、胸に手をやり、国の誇りを感じながら、ナショナルアンセムを歌った。

 その一番端で一緒になって、ナミビア国家を歌ったのは日本のマスコットキッズだった。背はキャプテンの肩ほどまでしかない少年は大きく口を開き、ナミビアのアンセムを全力で熱唱。歌詞も懸命に覚えたのだろう。ナミビアの選手たちの胸を打ったようで、終わった後に、キャプテンのヨハン・デイゼルも、少年の肩を抱きまるでチームメートのように扱っていた。そして列がほどける際には、握手も交わしたのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集