[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京に響いた「ナミビア」コール “小国”が最強NZに挑み、日本ファンを惚れさせた

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、B組で世界ランク1位ニュージーランドが同23位ナミビアに今大会最多の11トライを奪い、71-9で開幕3連勝。世界最強軍団が大勝した裏でファンを魅了したのが、すでに1次リーグ敗退が決まっている“小国”ナミビアの奮闘だった。前半30分まで互角の接戦。詰めかけた東京スタジアムのファンを虜にした。

ニュージーランドを相手に奮闘したナミビア【写真:石倉愛子】
ニュージーランドを相手に奮闘したナミビア【写真:石倉愛子】

“ほぼアマ”のナミビアが世界1位NZと互角に渡り合った前半30分

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、B組で世界ランク1位ニュージーランドが同23位ナミビアに今大会最多の11トライを奪い、71-9で開幕3連勝。世界最強軍団が大勝した裏でファンを魅了したのが、すでに1次リーグ敗退が決まっている“小国”ナミビアの奮闘だった。前半30分まで互角の接戦。詰めかけた東京スタジアムのファンを虜にした。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「71-9」――。

 数字だけを見れば、オールブラックスが世界1位の強さを発揮して圧勝。事実、巧みなキックパスあり、華麗なパスワークあり、何より高い集中をもって、質を落とさず、80分を戦い抜く力は、さすがというほかない。4万8354人の観衆を沸かせたが、世界最強軍団と同じか、それ以上に観る者の胸を揺さぶったのは、ナミビアではなかったか。

 試合開始。オールブラックスが演じた「ハカ」の余韻が残るピッチ上の空気を変えたのは、青いジャージだった。前半2分、左45度、およそ40メートルという難しい位置で得たペナルティキックのチャンスをSHスティーブンスが見事に成功。先手を奪ったのは、国内の成人男性の競技人口800人といわれるナミビアだった。

 6、21分にトライを奪われて逆転を許したが、ひるまない。果敢に攻めてペナルティを誘うと、26、30分にスティーブンスがペナルティキックに成功。前半30分時点で9-10と1点差に。体格で上回るオールブラックスに対し、1人がタックルに行けば、体をなげうって2、3人と加勢。世界最強軍団に死力を尽くし、襲い掛かった。

 戦前は「オールブラックスが何点を獲って勝つか」が大方の見方だった一戦を大きく変えた。その証拠が、客席の反応だ。時間を追うごとにナミビアに対するリアクションが大きくなった。ナミビアがオフェンスを展開し、敵陣深くに攻め込めば、歓声が上がる。オールブラックスカラーの黒で染まった客席。しかし、文字にすれば、上がる声は「あー」ではなく「おー」だった。

 オールブラックスのピンチに対する悲鳴ではなく、ナミビアの得点に対する期待が明らかに込められたもの。徐々に点差が付けられた後半、23分に敵陣22メートルを突破した際には手拍子とともに、会場全体から「ナミビア」コールも沸き起こった。それほど、観衆を惹き込むような戦いぶりだったことは「71-9」という数字だけでは計れない。

 試合後、会見に登壇したフィル・デービスヘッドコーチ(HC)の第一声も選手に対する称賛から始まった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集