[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フランスが5トライで米国圧倒、勝ち点5獲得 一時は台風で「中止&勝ち点2」の危機も

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、福岡・東平尾公園博多の森球技場で「死の組」と言われるC組の世界ランク7位・フランスと同13位・米国が激突し、5トライを奪ったフランスが33-9で2連勝を飾った。台風18号の影響で試合中止の可能性があった一戦。中止なら規定で0-0の引き分け扱いとなり、互いに勝ち点2が与えられるところだったが、フランスはボーナスポイントを含めて勝ち点5を獲得した。

フランスは米国を下し、勝ち点5を獲得した【写真:荒川祐史】
フランスは米国を下し、勝ち点5を獲得した【写真:荒川祐史】

C組フランス-米国

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、福岡・東平尾公園博多の森球技場で「死の組」と言われるC組の世界ランク7位・フランスと同13位・米国が激突し、5トライを奪ったフランスが33-9で2連勝を飾った。台風18号の影響で試合中止の可能性があった一戦。中止なら規定で0-0の引き分け扱いとなり、互いに勝ち点2が与えられるところだったが、フランスはボーナスポイントを含めて勝ち点5を獲得した。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 開始直前は急激な雨に見舞われたが、問題なくホイッスルが鳴った。前半6分。前方へキックパスを送ると、抜け出したWTBヨアン・ユジェがインゴールに飛び込んだ。先制トライとコンバージョンで7-0。23分にも右のタッチライン際へ絶妙なキックパスを通し、受けたWTBアリベレティ・ラカがトライを決めて12-3と差を広げた。

 米国は前半30分に2本目のペナルティゴールを奪うが、トライには届かない。12-6のフランスリードで後半に入ると、互いに必死のプレーで白熱した攻防を展開した。米国が3本目のペナルティゴールで3点差に迫る。しかし、後半26分にフランスがゴール正面のラックから細かいパスを右に展開。最後はCTBガエル・フィクーが相手タックルを受けながらも、そのままトライまで持って行った。コンバージョンも奪って19-9。29分にも4トライ目を奪ってボーナスポイントを獲得した。

 9大会連続9度目の出場で過去3度の準優勝を誇るフランスは、ライバルのアルゼンチンに23-21で白星発進。次戦6日のトンガ戦をにらみ、初戦から12人メンバーを入れ替えて臨んだ。9月26日には、親日家として知られたシラク元大統領が死去。選手は喪章を巻いてこの日の試合に臨んでいた。

 6大会連続8度目の出場となった米国は、初戦でイングランドに7-45と完敗。かつて神戸製鋼を率い、南アフリカ出身のギャリー・ゴールドヘッドコーチ(HC)の下、今大会に臨んだが、2連敗となった。全チームが2試合を終えたC組の勝ち点は、イングランドが10、フランスが9、アルゼンチンが6、トンガと米国が0となっている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集