[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

主将リーチ、途中出場で献身「必ずインパクトを残すと」 奮闘のFW陣、堀江ら喜びの声

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、A組第2戦で世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で撃破。歴史的金星を挙げ、開幕2連勝で勝ち点9に伸ばし、初の決勝トーナメント進出に前進した。

アイルランドを相手に、歴史的金星を挙げた日本代表尾【写真:荒川祐史】
アイルランドを相手に、歴史的金星を挙げた日本代表尾【写真:荒川祐史】

堀江「全てを懸けてきた」、トンプソン「めっちゃ嬉しい」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、A組第2戦で世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で撃破。歴史的金星を挙げ、開幕2連勝で勝ち点9に伸ばし、初の決勝トーナメント進出に前進した。大会屈指のディフェンスを誇るアイルランドに対抗。日本のFW陣が奮闘し、主将のリーチ・マイケルは「やってきたことを全て出したと思う。選手もスタッフも全員、よくやったと思う」と喜びを語った。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ケガで春の代表候補合宿は不在だった主将。20日のロシア戦には出場したが、本来の姿とはほど遠かった。この日は先発落ち。しかし、やはり頼りになる男だった。前半31分から途中出場。体を張ってチームを牽引した。

「リザーブスタートということで、いつでも出る準備はしていた。入った時に必ずインパクトを残すということを意識してやった。相手が少しプレッシャーがかかった時に、相手のやることがはっきり見えてきたので、あとは(相手の)具体的なプランが見えてこなかった。それに対して自分たちのやることに全て意識して、一個、一個こだわってやった」

 試合後のインタビューでこう冷静に振り返った。前回のイングランド大会に続き、キャプテンとして迎えた2度目の夢舞台。常に勝つことをチームに植え付けてきた。「まずは勝つというメンタリティー、勝ちたいと思うメンタリティーが一番重要だったと思う。あとは意思統一できたことはかなりの勝因だと思います」。キャプテンとしてフィールドに立ち、背中で、来日後に覚えた言葉で、桜のジャージーに魂を込めてきた。

 HO堀江翔太もFW陣を牽引。ドレッドヘアーを揺らし、緑の壁となったアイルランドに立ち向かった。「ここに僕は全てを懸けてきた。この試合に絶対に勝つという思いは、この何年間ずっと思い続けてきた。結果を出せてよかったですね。やってきたスクラムをやれば、押されないですし、プレッシャーをかけられると思っていたので想定内です。両プロップが耐えてくれて、プレッシャーをかけてくれたのでよかったと思います」と振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集