[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、前半終了で12-7 松島が初トライ含む2トライで逆転に成功

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に東京スタジアムで開幕。開幕戦の日本対ロシアは前半を終えて12-7で日本がリード。先制トライを奪われる苦しい展開となったが、前半終了直前に松島が逆転トライを決めた。

2トライを決めた松島幸太朗【写真:Getty Images】
2トライを決めた松島幸太朗【写真:Getty Images】

ロシアのキック攻撃に手を焼き苦戦も、終了間際に逆転

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に東京スタジアムで開幕。開幕戦の日本対ロシアは前半を終えて12-7で日本がリード。先制トライを奪われる苦しい展開となったが、前半終了直前に松島が逆転トライを決めた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ロシアのキックオフで始まった前半戦。日本は立ち上がりにミスが重なり、自陣ゴール前までの攻防が続く苦しい展開となる。日本は前半4分、ロシアのハイパントをFBトゥポウが捕球ミス。転がったボールをロシアのWTBゴロスニツキーに拾われ、そのまま先制トライを許した。ゴールキックも決まり、0-7とされた。

 ここからエンジンが掛かった日本は、敵陣での攻撃を展開。11分にゴール手前のラインアウトから始まる連続攻撃を展開。CTBラファエレの華麗なノールックパスから、最後は松島がゴール右にトライ。SO田村のコンバージョンは外れ、5-7とした。

 日本はロシアのキック攻撃にやや苦戦しながらも、敵陣での攻撃を続けるが攻めきれず。27分にはロシアのラインアウトからパスで繋がれ、攻め込まれる場面もあった。互いにキックでゲインし合うが、日本は要所でのノックオンなどでチャンスを潰してしまう。

 前半34分に敵陣でのスクラムから連続攻撃で繋いだ日本は、WTB松島がゴール右にトライを決めたかに見えたが、ビデオ判定(TMO)の結果、ノックオンと判定され、トライは認められなかった。

 それでもその4分後に田村、中村とつないで松島が正真正銘のトライ。コンバージョンも決まって12-7と逆転に成功した。

 第9回を迎える日本大会には、世界から20チームが参加。5チームずつ4つのプールに分かれて総当たり戦を行い、各プール上位2チームが決勝トーナメントにコマを進める。開催国の日本はプールAに属し、この日のロシア戦を皮切りに、28日アイルランド戦、10月5日サモア戦、同13日スコットランド戦に臨み、史上初のベスト8進出を狙う。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集