[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

自国開催は「便利すぎるので」 ラグビーW杯3度目出場の堀江が結束力アップに“秘策”

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕を翌日に控えた19日、日本代表が会場となる東京スタジアムでキャプテンズラン(前日練習)を行った。練習は冒頭の15分が報道陣に公開され、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる日本代表は、ロシア戦に向けてセットプレーの最終確認を行った。

前日練習を行った堀江翔太【写真:荒川祐史】
前日練習を行った堀江翔太【写真:荒川祐史】

劇的な南ア戦勝利の前日に… 「怒られたなっていうことは覚えていますね」

 ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕を翌日に控えた19日、日本代表が会場となる東京スタジアムでキャプテンズラン(前日練習)を行った。練習は冒頭の15分が報道陣に公開され、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる日本代表は、ロシア戦に向けてセットプレーの最終確認を行った。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 W杯3大会連続出場となるHO堀江翔太は練習後、記者会見に臨み「日本人の強さや日本人のすごいところを見せたい。この4年間しっかりやってきて証明できると思う」と自信。33歳で迎える自国開催のW杯に「年(齢)的に次のW杯はあるか分からないので、一戦一戦最後という気持ちで、全力でどの試合もやっていきたいと思います」と意気込んだ。

 日本代表にとって、自国開催はまたとないアドバンテージになる。堀江は「周りの環境はいつも慣れているところ。ご飯とか空き時間(の過ごし方)とかすごく楽」と笑顔を見せたが、同時に「便利すぎて…」と環境が整いすぎるがゆえの“懸念”に触れた。

「海外に行ったら不便すぎて(チームが)みんなで一緒に集まって、いろいろ話をするんですけど、(自国開催は)便利すぎてみんなで集まることが減る可能性もある。W杯が始まってからも、海外にいる時と同じようなことをしたいと思います」

 便利すぎる環境が“落とし穴”とならないように、ベテラン自らが意識してチームの結束力を上げるべく、「みんなで茶でも行きたい」と“茶飲み作戦”を温めている。

 また、4年前のこの日、2015年9月19日は、日本が南アフリカに34-32で歴史的勝利を収めた日でもある。試合に出場していた堀江は、改めて南アフリカ戦での勝利について問われると「南アのことは昔のことなんで、あんまりこれといって特別なことはないです」とサラリ。だが、いたずらな笑みを浮かべると、「南アフリカ戦の前のキャプテンズランは(エディー・ジョーンズ前HCに)怒られたなっていうことは覚えていますね。今日は怒られずに済んで、みんな頑張ろうって感じだったけど、4年前は怒られたイメージがあります」と続けた。さらに「リーチ(マイケル)が怒られていたのを、横で大丈夫だって慰めていたのを覚えています」と4年前の事実を明かし、会見場を笑いに包んだ。

 怒られたキャプテンズランから4年。日本代表、そして堀江が進化した姿を、まずは初戦ロシア戦で見せつけたい。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集