[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本8強を信じた交代後の前田大然を英紙称賛 「彼の行動は世界中が見過ごさない」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本がクロアチアに1-1で突入したPK戦の末に1-3で敗れた。FW前田大然は日本の先制ゴール。最前線から献身的に走り、交代後もドリンクを選手に受け渡すなど貢献した。英紙は「彼の行動は世界中が見過ごさない」と称えた。

先制ゴールを決めた前田大然【写真:Getty Images】
先制ゴールを決めた前田大然【写真:Getty Images】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本がクロアチアに1-1で突入したPK戦の末に1-3で敗れた。FW前田大然は日本の先制ゴール。最前線から献身的に走り、交代後もドリンクを選手に受け渡すなど貢献した。英紙は「彼の行動は世界中が見過ごさない」と称えた。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 前田は最前線で相手を追い回し、献身的なプレーで貢献。前半43分に先制点を奪い、後半19分に交代した。ピッチを出てもメンバーにドリンクを配るなどサポート。勝利を願う行動に英メディアも注目した。

 英紙「ザ・サン」は「日本がW杯から敗退した後、セルティックのダイゼン・マエダのウォーターボトルの振る舞いに、ファンがみな同じことを言う」との見出しで記事を掲載。「マエダは特に今日のクロアチア戦で彼の尽力と決意、粘り強さを印象付けた」と伝え、こう続けた。

「しかし、ファンに感銘を与えたのは、もう一つのクオリティだった。それは彼がプレーした63分間に見せたものではなかった」「マエダの無私無欲でチームを第一とする姿は試合後に見られた」「負けた直後で感情が生々しいままにもかかわらず、マエダは水や氷の入った袋をチームメイトに渡しているのが目撃された」

 これまでの日本でも、ベンチメンバーがピッチに立つ選手を支えるのも珍しくない。何度もスプリントで相手守備にプレッシャーをかけ、疲労した前田の行動が海外から脚光を浴びていた。同紙は「そして、彼の行動はソーシャルメディアのセルティックファンと世界中のサッカーファンの間で見過ごされることはなく、どのチームも彼を欲しがる理由と指摘されていた」と称えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集