[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

物議のPK判定でレフェリー煽ったウルグアイMF、海外から皮肉「これだから皆笑うんだ」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は2日、H組ウルグアイはガーナに2-0で勝ったものの、勝ち点4で並んだ韓国に総得点の差で上回られ、同組3位で決勝トーナメント(T)進出を逃した。前半、VAR判定で相手にPKを献上するも、GKが得点を許さず。この直後、フェデリコ・バルベルデが主審に近づき、大喜びして見せるシーンも。SNS上に映像が公開されると、「バルベルデはいつもこうだ」「こんなことして敗退かよ」などと海外ファンから皮肉も寄せられている。

ガーナ選手と競り合うウルグアイのフェデリコ・バルベルデ【写真:ロイター】
ガーナ選手と競り合うウルグアイのフェデリコ・バルベルデ【写真:ロイター】

カタールW杯、ウルグアイMFが主審を煽る

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は2日、H組ウルグアイはガーナに2-0で勝ったものの、勝ち点4で並んだ韓国に総得点の差で上回られ、同組3位で決勝トーナメント(T)進出を逃した。前半、VAR判定で相手にPKを献上するも、GKが得点を許さず。この直後、フェデリコ・バルベルデが主審に近づき、大喜びして見せるシーンも。SNS上に映像が公開されると、「バルベルデはいつもこうだ」「こんなことして敗退かよ」などと海外ファンから皮肉も寄せられている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 0-0の前半15分すぎ、ウルグアイのGKロシェが弾いたところに、ガーナFWクドゥスが反応。ボールに詰めたが、ロシェと接触して倒れた。ボールはゴールラインを割り、ウルグアイボールで再開かと思われたが、VAR判定でガーナのPKに。ロシェらウルグアイ側は納得いかない様子で主審に詰め寄った。

 その後行われたPKは、見事ロシェが好セーブ。得点を許さなかったが、バルベルデは興奮した様子で主審に近づき、まるで煽るかのようにガッツポーズを続けて吠えていた。実際の映像をツイッターに公開した米スポーツ専門局「CBSスポーツ」の番組「CBSスポーツ・ゴラッソ」ホストのニコ・カンタル氏は「ダニエル・ジーベルト主審が物議を醸すPK判定をした。セーブされると、バルベルデが主審に向かって大喜び。理解しようとするな。ウルグアイでだけ(起きる)こと」と紹介した。

 また英紙「デイリー・スター」は「W杯でのPKミスのあと、フェデリコ・バルベルデの主審へのリアクションが目撃される」との見出しでこのシーンの記事を掲載。「バルベルデはPKに激怒。アンドレ・アイェウのキックがロシェにセーブされると、ジーベルト主審に向かって喜び、叫んだ」と伝えた。

 結局2-0で勝利したものの、得失点差で及ばずグループリーグ敗退となったウルグアイ。カンタル氏の投稿には海外ファンから「これだから、彼らが敗退したとき、みんなが笑ったんだ」「もしかしたら、これが理由で、(終盤)カバーニにPK与えなかったのかもね」「このリアクションよ」「バルベルデはいつもこうだ」「こんなことして敗退かよ」などとコメントが集まり、中には「一流の振る舞いだ」などと皮肉を表す投稿も寄せられた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集